1. Home
  2. BODY
  3. 20個の食材で効果的に代謝を上げる「20/20ダイエット」

20個の食材で効果的に代謝を上げる「20/20ダイエット」

白石 里美

20個の食材で効果的に代謝を上げる「20/20ダイエット」

体を絞りたいけれど、空腹を我慢するのはつらいもの。食べないダイエットはなかなか長続きしませんよね。

ニューヨークでは、「満足感を感じやすく代謝を上げてくれる食べ物を積極的に食べる」ことで、我慢せずに効率よく体重を落とすダイエットが話題になっています。

20個の食材を取り入れて効果的にダイエット

今、ニューヨークタイムズのベストセラーリストに入っているのが、Phil McGraw医師の著書『THE 20/20 DIET(20/20ダイエット)』。

5日間、5日間、20日間のあわせて30日間を1つのサイクルとし、この中で20個のパワーフードを摂取することで代謝を上げて体重を落とすというダイエットです。

『THE 20/20 DIET』で紹介されている20個のパワーフードをウェブサイトChewfoからご紹介します。

体内で熱を発生させる性質があり、ダイエットの手助けになる食材

・ ココナッツオイル(良質の脂肪)・ 緑茶・ イエローマスタード若しくはディジョンマスタード・ クルミ(良質の脂肪)・ オリーブオイル(良質の脂肪)

同じカテゴリー(※)に属する他の食材よりも満足感を感じやすい食材

・ 無塩で生もしくはローストアーモンド(良質の脂肪)・ りんご(主要な農産物)・ ヒヨコ豆(パワータンパク質)・ ドライプラムとプルーン(主要な農産物)・ グリーンの野菜(主要な農産物)・ レンティル豆(パワータンパク質)・ ピーナッツバター(良質の脂肪)・ ピスタチオ(良質の脂肪)・ レーズン(主要な農産物)・ ヨーグルト(無脂肪のプレーンタイプ。特にギリシャヨーグルト)(パワータンパク質)・ 卵(パワータンパク質)・ タラ(パワータンパク質)・ ライ(でんぷん質)・ 豆腐(パワータンパク質)・ ウェイプロテイン(パワータンパク質)

『THE 20/20 DIET』Chewfoから引用)

※「同じカテゴリー」とはナッツ類であればアーモンドやピスタチオ、フルーツならりんごが他の食材よりも満足感を感じやすいという意味のカテゴリーです。

まずは5日間、これら20のパワーフードの中から、たんぱく質、野菜・果物、脂質、炭水化物を組み合わせて、軽めの食事を1日4回、4時間置きに食べます。この方法なら、必要な栄養素をきちんと摂取でき、空腹を感じることなくダイエットできそうです。

味付けにはガーリック、シナモン、レモンジュースを使うことができます。5日間食べた後は、新しい食材が加わります。

第二段階で食べられる食材

タンパク質(乳製品)・ ヨーグルト(無脂肪のプレーンタイプ。とくにギリシャヨーグルト)(パワータンパク質)・ 卵(パワータンパク質)

タンパク質(肉・魚)・ タラ(パワータンパク質)・ 鶏胸肉・ マグロ

タンパク質(豆・野菜類)缶詰の豆類はOKだが無塩か減塩を選び水で洗い流してから使うこと。

・ ヒヨコ豆(パワータンパク質)・ レンティル豆(パワータンパク質)・ 豆腐(パワータンパク質)・ ブラックビーンズ

野菜・ グリーンの野菜(主要な農産物)・ 人参・ トマト・ マッシュルーム

フルーツ・ りんご(主要な農産物)・ ドライプラムとプルーン(主要な農産物)・ レーズン(主要な農産物)・ ブルベリー・ オレンジ・ ブドウ

でんぷん質・ ライ・ オーツ・ 玄米・ コーン

脂肪・ ココナッツオイル(良質の脂肪)・ クルミ(良質の脂肪)・ オリーブオイル(良質の脂肪)・ 無塩で生もしくはローストアーモンド(良質の脂肪)・ ピーナッツバター(良質の脂肪)・ ピスタチオ(良質の脂肪)・ アボカド・ ヒマワリの種・ カシュー

その他・ イエローマスタード若しくはディジョンマスタード

飲み物・ 水(一日グラス8杯)・ 緑茶・ どうしても必要な場合コーヒーカップ1杯まで。カップ1/4以内のスキムミルクか植物性のミルク、小さじ1杯のローシュガー(化学甘味料は不可)。

調味料・ ガーリック・ シナモン・ レモン汁・ バルサミコ酢、コショウ、カイエン、レッドペッパー、ディル、ハーブ、野菜のだし汁など塩が加えられていない調味料

『THE 20/20 DIET』Chewfoから引用)

これらの食材を1日4回摂取するのに加え、週に1、2回は100キロカロリー以内であれば、ご褒美に好きなものを食べてもよいそうです。

この第二段階を5日間、残りの20日間は1日2食を上記の20/20ダイエットをとし、残りの2食は、加工品やファーストフード、砂糖(少量は可)などを除けば、好きなものを食べられます。

パワーフードは日本でも手に入りやすい食材ばかり。早速試してみたい話題のダイエットです。

Chewfo

girl's_west via Shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?