1. Home
  2. STYLE
  3. 赤は幸福。イースターエッグの色や模様に込められた意味

赤は幸福。イースターエッグの色や模様に込められた意味

1,305

クリハラチナツ

赤は幸福。イースターエッグの色や模様に込められた意味

キリストが死後3日目にして甦ったことを祝う、春のお祭り「イースター」。色とりどりの美しい模様が施されたイースターエッグは、日本でも目にすることが多くなりました。

ひとつとして同じものはないイースターエッグ

20150402_easter_egg_3.jpg

なかでも、ろうけつ染めで作られた「ピサンキ(Pysanky)」は、最も古い伝統をもつもののひとつ。「書くもの」という意味をもち、ウクライナなど東欧各国に伝わるイースターエッグです。古来より卵は自然の神々の命の象徴であり、ピサンキの歴史はキリスト教より古く、太陽信仰の時代にまで遡るといわれています。

キスカというペン状の道具に蜜蝋を入れて溶かして線を書き、染色を繰り返す。こうすることで、卵の殻に精密な模様を染めつけていきます。卵によって異なった染まり方になるので、ひとつとして同じものはありません。

色や模様に込められた想い

ウクライナのピサンキはひとつひとつの模様や色に意味があり、それを繋げていくことできれいな柄をつくり出しています。

生命の木は「子孫繁栄」、太陽と星は「生命、成長、冨」。麦の穂は「豊穣」を、白は「清浄、誕生」。赤は「幸福、希望、情熱、太陽」、青は「空、健康」。このようにそれぞれに意味が込められているのです。

20150402_easter_egg_2.jpg

生命の木

見て美しいのはもちろん、贈る人を想って描かれた模様にはつくり手の祈りが込められています

ウクライナ出身のピサンキアーティスト、テチャーナ・ソロツカさん。彼女の講座では、ウクライナの伝統も一緒に学ぶことができます。ひとつの伝統が、どんな歴史的背景を旅してきたかを知ることも豊かな経験になるはず。

その上で、自分や誰か大切な人のために世界でひとつのピサンキをつくるのも楽しそうです。

ピサンキの旅

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?