1. Home
  2. STYLE
  3. 赤は幸福。イースターエッグの色や模様に込められた意味

赤は幸福。イースターエッグの色や模様に込められた意味

1,155

赤は幸福。イースターエッグの色や模様に込められた意味

キリストが死後3日目にして甦ったことを祝う、春のお祭り「イースター」。色とりどりの美しい模様が施されたイースターエッグは、日本でも目にすることが多くなりました。

ひとつとして同じものはないイースターエッグ

20150402_easter_egg_3.jpg

なかでも、ろうけつ染めで作られた「ピサンキ(Pysanky)」は、最も古い伝統をもつもののひとつ。「書くもの」という意味をもち、ウクライナなど東欧各国に伝わるイースターエッグです。古来より卵は自然の神々の命の象徴であり、ピサンキの歴史はキリスト教より古く、太陽信仰の時代にまで遡るといわれています。

キスカというペン状の道具に蜜蝋を入れて溶かして線を書き、染色を繰り返す。こうすることで、卵の殻に精密な模様を染めつけていきます。卵によって異なった染まり方になるので、ひとつとして同じものはありません。

色や模様に込められた想い

ウクライナのピサンキはひとつひとつの模様や色に意味があり、それを繋げていくことできれいな柄をつくり出しています。

生命の木は「子孫繁栄」、太陽と星は「生命、成長、冨」。麦の穂は「豊穣」を、白は「清浄、誕生」。赤は「幸福、希望、情熱、太陽」、青は「空、健康」。このようにそれぞれに意味が込められているのです。

20150402_easter_egg_2.jpg

生命の木

見て美しいのはもちろん、贈る人を想って描かれた模様にはつくり手の祈りが込められています

ウクライナ出身のピサンキアーティスト、テチャーナ・ソロツカさん。彼女の講座では、ウクライナの伝統も一緒に学ぶことができます。ひとつの伝統が、どんな歴史的背景を旅してきたかを知ることも豊かな経験になるはず。

その上で、自分や誰か大切な人のために世界でひとつのピサンキをつくるのも楽しそうです。

ピサンキの旅

クリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン