1. Home
  2. BODY
  3. 疲れやすいひとは酸欠状態かも?呼吸法を変える4つの方法

疲れやすいひとは酸欠状態かも?呼吸法を変える4つの方法

7,833

疲れやすいひとは酸欠状態かも?呼吸法を変える4つの方法

私たちが普段何気なく行っている「呼吸」という行為。呼吸で取り込まれたたくさんの酸素は、全身に約60兆個ある細胞を活性化させて新陳代謝を高めるはたらきがあります。アスリートがケガの治療や疲労回復に用いる酸素カプセルは、高濃度の酸素を吸引して短時間で高い効果を得ることができます。

口呼吸だけでは、酸素不足に

真呼吸ストレッチ」を提案するカイロプラクター・清水真さんによると、身体に不調を感じている人のほとんどが、姿勢の歪みやストレスなどによって正しい呼吸ができていないのだとか。「口呼吸」や「浅い呼吸」は、脳や全身に十分な酸素を届けられず、「酸欠状態」に。寝ても疲れが抜けない、白髪や抜け毛が増えた、シミやシワがなかなか治らない......。そんな身体の自己再生機能の低下のサインは、酸素不足によるものかもしれません。

胸が縮こまりがちなデスクワークでは、肺の奥まで酸素を吸い込めていないことが多いそう。さらに「口呼吸」は、取り込んだ酸素の約90%を脳へ届ける鼻呼吸に比べて、たったの40%しか酸素を届けることができないのだとか。なんとももったいない話です。

酸素不足は集中力を低下させ、仕事の能率もダウンさせます。そんなときは効率的に脳へ酸素を届ける鼻呼吸をすると頭がクリアに。花粉症による鼻詰まり解消にもおすすめです。清水さんの著書『たった3分で弱ったカラダが復活する真呼吸ストレッチ』(神宮館)にはその方法がありました。

1.左耳の後ろの窪みに左手の人差し指を押しあてる

2.もう片方の手で右側の小鼻を押さえる

3.鼻で吸いながらあごを上げていき、鼻で履きながらあごを元に戻す

4.もう片方の鼻も同様に行う

(『たった3分で弱ったカラダが復活する真呼吸ストレッチ』P32より引用)

いつでもどこでも無料でできるのが呼吸法のいいところ。これまで無意識に行っていた呼吸が不調改善のためのツールに大変身します。元気のない「酸欠状態」を抜け出して、疲れ知らずの身体で活動的に過ごしたいですね。

たった3分で弱ったカラダが復活する真呼吸ストレッチ

young-female via Shutterstock

松浦松子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    2. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    3. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    4. 人生のどん底を経験した女性たち。どのようにして立ち直ったのか?

    5. すぐに実践できる!「味噌」のチカラを活かす6つのコツ

    6. ダイエッター必見。一番カロリーカットできる牛肉の食べ方は?

    7. まずおさえるべき、絶対に痩せるコツ【痩せるカラダを作る方法】

    8. 痩せてきたのに、なんかクサイ。「ダイエット臭」って知ってますか?

    9. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    10. アンダー1000円も! 軽くて大容量で小さくたためるリュック7選

    1. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    2. キスだけでもうつる「梅毒」がいま増加中! 初期サインを見すごさないで

    3. 足裏を鍛えるといいことづくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    4. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    5. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    6. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    7. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    8. まずおさえるべき、絶対に痩せるコツ【痩せるカラダを作る方法】

    9. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    10. 数分で眠りに落ちる。アメリカ海軍から学ぶ睡眠テクニック

    1. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    2. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    3. レモンウォーターは本当に健康の効果があるの? 2週間試してみた結果

    4. 40代から「感情」が老化する。とても簡単な脳のアンチエイジング法

    5. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    8. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    9. 歯周病菌は女性ホルモンが好き? 30代で変えたいデンタルケアの基本

    10. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    疲れやすいひとは酸欠状態かも?呼吸法を変える4つの方法

    FBからも最新情報をお届けします。