1. Home
  2. STYLE
  3. 4月4日は皆既月食。ターコイズカラーの月が見られるかも!

4月4日は皆既月食。ターコイズカラーの月が見られるかも!

星と暮らす

景山えりか

4月4日は皆既月食。ターコイズカラーの月が見られるかも!

20150401_eclipse1.jpg

4月4日(土)は、今年の注目度ナンバーワンの天体ショー「皆既月食」が起こります!

月食とは、月が地球の影に入りこんで、満月なのに暗くなったり、欠けているように見えたりする現象のこと。今回は、欠けはじめから欠け終わりまでを日本全国で見られるという好条件です。

21時にアラーム設定を! 月食のタイムスケジュール

月の出や月の入りの時刻は地域によって違うものですが、月食の時刻は日本中どこでも同じ。また、特別な準備は必要なく、時間になったら空を見上げるだけでOK。月が見える場所ならば、月食の一部始終を肉眼で楽しめるのがうれしいですね。当日のタイムスケジュールは次のとおりです。

・月食のタイムスケジュール

・部分食の始まり/19時15分・皆既食の始まり/20時54分・食の最大/21時00分・皆既食の終わり/21時06分・部分食の終わり/22時45分

部分食がはじまるころは、月は東南東の低めの位置にいるので、ちょっと見づらいと感じるかもしれませんが、食が進むにつれて月は見やすい位置に昇ってきますからご安心を。

ひとつ気をつけたいのは、皆既食の時間です。20時54分から21時06分までの12分間という短さで、うっかりしていると見逃してしまいそう。食の最大が21時なので、スマートフォンのスケジュールアプリなどを活用して、4月4日21時にアラームを設定しておくといいかもしれません。

カメラレンズを通して「ターコイズフリンジ」を見てみよう!

双眼鏡や望遠鏡を持っている人は、月の欠け際の色にも注目してみましょう。よーく見てみると、欠け際が青い帯状に見えるはず。これは「ターコイズフリンジ」や「ブルーベルト」「ブルーバンド」などと呼ばれている現象

端を発したのは2008年2月、NASAのSCIENCE NEWSで「turquoise eclipse」と紹介された記事ですが、当時は日本でまったく話題にのぼりませんでした。それが、昨年10月の皆既月食のあたりから注目されるようになってきたのです。

青い色のなかでも、セルリアンやコバルトではなく、なぜターコイズなのでしょう? それはたぶん、斑点や網目状の筋があるターコイズ(トルコ石)の表面と、月面の青い帯状部分は、どちらも模様が浮かびあがっているように見えるところが似ているから、なのかもしれませんね。

う~ん、月面のターコイズフリンジをこの目で見てみたい! でも、双眼鏡や望遠鏡を持ってないし......という人は、デジタルカメラやスマートフォンのカメラで月の撮影にチャレンジしてみてはどうでしょう。

月を撮影するコツは、

・めいいっぱいズームに・フラッシュはオフ・三脚を使うか、しっかり脇をしめてカメラを固定・手ブレを防ぐためタイマー機能で撮影

プロが撮影した天体写真のようにはいきませんが、コツをおさえるだけでそこそこの画像が撮れるはず。その画像にターコイズフリンジを確認できるかもしれませんよ。

肉眼では、月の欠け際はぼんやりとしか見えないので、ターコイズフリンジをとらえるのは難しいでしょう。けれど、知識をたずさえて見ると、いつもとは違って見えることがあります。「そういわれてみれば、青く見えなくもないかも......」なんて。私も自分の目で、確かめてみようと思います。

eclipse via Shutterstock

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら