1. Home
  2. STYLE
  3. ハリウッド女優たちが夢中になる、SNSを使ったチャリティ活動

ハリウッド女優たちが夢中になる、SNSを使ったチャリティ活動

白石 里美

ハリウッド女優たちが夢中になる、SNSを使ったチャリティ活動

20150327_baby2baby_2.jpg

ジェシカ・アルバ、ドリュー・バリュモア、ケイト・ハドソン、自らも子どもを持つハリウッド女優たちが熱心に参加し、注目を集めているチャリティがあります。

元モデルのケリー・ソイヤー・パトリコフさんと、弁護士のノラ・ウェインステインさんが代表を務める「Baby2Baby」は0歳から12歳までの子どもたちにオムツや食料品を届けるチャリティです。

セレブの交友関係でプロモーション

創設以来、ハリウッドのベービーブームとの相乗効果で、ハリウッド女優たちの支持を集め、カリフォルニアで急成長を遂げ今後世界中にその規模を拡大していくそうです。

Baby2Baby」によると、母親の3分の1は子どもに清潔なオムツを与えるか、食べ物を食べさせるかを選ばなくてはならない状況にあり、そんな現状を変えることを使命としています。

同チャリティは、多くのセレブリティが関わっていることに加えて、そのプロモーションの方法でも注目されています。

「Baby2Baby」はこれまでの世代が行わなかった形でセレブと共に運営し、お互いにツイートしたり、ブログを更新するなど、その交友関係によってチャリティを普及させているのです。

ジェシカ・アルバ、モリー・シムズ、ニコール・リッチー、レーチャル・ゾーなど個人的に親交があるセレブママたちがいます。彼女たちのソーシャルメディアを連携させることで宣伝のためのネットワークとし、「Baby2Baby」は何百万人もの目に触れ、多くの寄付やボランティアをする人たちだけでなく、企業のスポンサーも集めています。

(「The New York Times」より引用)

今や宣伝広告にSNSは欠かせない存在となりましたが、同チャリティはセレブの持つ影響力と、SNSの利便性を上手く利用して成長しているようです。

多くのセレブを招き、寄付を募るパーティも頻繁に開催されおり、600人が参加し、ティファニーとポルシェなどがスポンサーとなって行われた昨年のパーティでは5日間で1.7百万ドルの寄付が集まったそうです。

アメリカでは、経済的に成功した人ほど熱心にチャリティ活動を行いますが、ここでも大きな役割を果たすのがその交友関係です。友人同士互寄付をしあったり、パーティに出席するなどして互いのチャリティをサポートし合う人が多いようです。

SNSや交友関係を有効に利用して、カリフォルニアから世界へのその舞台を広げているBaby2Baby、今後世界中のますます多くの子どもたちにその手を差し伸べていくことになりそうです。

[Baby2Baby ,The New York Times]

Helga EstebShutterstock.com

    Ranking

    1. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    2. ブラウニーでも糖質オフ可! 低炭水化物&低糖質なおやつ10種

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    5. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    6. 疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

    7. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    8. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    9. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました

    Buy

      • THE HONEST LIFE(オネスト・ライフ)
      • ジェシカ・アルバ|トランスメディア
      • by Amazon.co.jp