1. Home
  2. STYLE
  3. 3月21日は春分。新月の力をうけて新しい自分へ

3月21日は春分。新月の力をうけて新しい自分へ

星と暮らす

景山えりか

3月21日は春分。新月の力をうけて新しい自分へ

20150318_shunbun1.jpg

仕事や日々の生活に明け暮れていると、ふとあるとき、リセットしたいなぁと思ったことはありませんか? 子どもの頃を思い出すと、卒業式や入学式、運動会や季節の行事などが気持ちの切りかえになって、意外にもメリハリのある生活をしていました。それが大人になってからは、自分でリセットする機会をつくらないと、だらだらと同じ毎日を繰り返してしまいがちです。

春分の日は、リセットポイント

でも、自分で機会をつくるのも、なかなか踏ん切りがつかなかったり、面倒くさかったりしますよね。そこでオススメなのが、自然のリズム。普段使っているカレンダー(こよみ)をよく見ると、リセットポイントがけっこうあるんです。そのひとつが「春分の日」。今年は3月21日(土)です

春分の日は、昼と夜の時間がほぼ同じになることで知られ、日本では国民の祝日ですが、じつは地球にとっても意味があります。

およそ365日をかけて太陽のまわりを1周する地球。ですが、たえまなく動きつづけているわけですから、スタートもゴールもありません。それを天文学では、太陽と地球の関係が春分になる瞬間を0度として、地球が太陽の周囲をまわる起点としているのです。

つまり春分の日は、地球にとって宇宙航海の新しい1年をスタートさせる日。いわば地球レベルのお正月というわけです。

前日は新月。「新しい自分」をはじめる

また、季節の節目を表す二十四節気も、春分を起点に1年を24等分していますし、西洋占星術もおなじく春分を起点に12等分しています。12星座の先頭をいくおひつじ座は、毎年かならず春分の日からスタートするんですよ。

自然のリズムにおいて、はじまりを象徴している春分は、まさにリセットにぴったりな日。この日を境に昼の時間のほうが夜よりもだんだんと長くなっていきますから、気持ちまで明るく前向きになれそうな気もします。

新暦元日、立春、旧暦元日と、これまでリセットする機会を逃してしまった人は、春分の日がチャンス! うれしいことに前日(3月20日)に新月をむかえたばかりですから、月もそっと背中を押してくれるはず。

新しいサイクルに突入する地球とともに、新しい自分をはじめてみる。なんだかいいことがいっぱい起こりそうで、わくわくとしてきます。

photo by Thinkstock/Getty Images

    Ranking

    1. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    4. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    5. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    6. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    7. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    8. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    8. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら