1. Home
  2. STYLE
  3. よどみのない人になる。「美人印象」を生むインドの果実

よどみのない人になる。「美人印象」を生むインドの果実

よどみのない人になる。「美人印象」を生むインドの果実

20150320_saishunkan_top.jpg古代インドで5000年以上昔に生まれた伝統医学、アーユルヴェーダ。「生命の科学」ともいわれ、病気の治療や予防はもちろんのこと、自分のココロとカラダを理解し、心身のバランスのとれた健やかな毎日を送るための食事法や健康法について、今も多くのことを教えてくれます。

現代の私たちの健康にも通じることから、近年、欧米や日本の女性たちの間でも改めて注目が高まっています。

アンチエイジングの果実、アムラの力

このアーユルヴェーダで3大果実といわれる重要な果物のひとつ、「アムラ」をご存知でしょうか。

アムラは、標高の高い山の斜面に生えるインド原産の木で、アーユルヴェーダでは「計り知れないほどの貴重な成分を含む万能の植物」とされ、「アンチエイジングの果実」「生命を元気にする果実」などと称されています。その効能はサンスクリット語で「看護師」の意味を持つ「アマラキ(Amlaki)」と呼ばれるほどとか。

紀元前1500年頃、チャヴァンという聖者がアムラの健康作用を発見して以来、インドでは健康のシンボルと見なされてきたアムラ。倦怠感やくすみ、身体のいろいろな部分に現れる疲れ、不調など、実にさまざまな症状に良いとされ、アーユルヴェーダでは花から果実、種、葉、幹、根にいたるまで、余すところなく使われてきました。

そしてその中でも、最も大切にされたのが果実です。

20150320_saishunkan_amura4.jpg

アンチエイジングの果実と呼ばれるアムラ。インドではそのまま食べるほか、ジャムやピクルスなどにもされる。

生命に欠かせない「めぐり」をサポート

アムラの実は、アーユルヴェーダにおける食べものの6味(甘味・苦味・酸味・塩味・渋味・辛味)のうち、塩味を除く5つの味を持つ唯一の食物だとされています。「アンチエイジングの果実」といわれるのは、この5味が過剰になったドーシャ(水・カパ、火・ピッタ、風・ヴァータからなる人間の生命エネルギー)、とくにピッタとヴァータを鎮静するからだそう。

20150320_saishunkan_dosha.jpg

アーユルヴェーダでは、人間の生命エネルギーはカパ(水)、ピッタ(火)、ヴァータ(風)のドーシャ(質)から成り、このバランスが崩れると病になると考えられている。

そして調査の結果、アムラには豊富なビタミンCポリフェノールをはじめ、食物繊維のペクチンなど、女性の身体にうれしい栄養成分を豊富に含み、「めぐり」を助ける果実であることがわかったのです。

血液のめぐり、リンパのめぐり、細胞が死に、再生するという細胞のめぐり、栄養を摂取して消化し、排出するエネルギーのめぐりなど、私たちの身体は、さまざまな「めぐり」によって保たれています。

しかし、現代人は、忙しさやストレス、日差し、年齢などによって、この「めぐり」が滞りがちだといわれています。

「めぐり」が上手くいっていないと、肌荒れやくすみ、冷えなどさまざまなトラブルが起こり、美しさどころか健康すら脅かされることになるのです。

女性の悩みを解決する救世主のような働きをするアムラの果実。その理由は、栄養成分はもちろんのこと、「めぐり」をサポートする力があるから。「めぐり」が良くなれば、身体が本来の自然の力を発揮し、美と健康を取り戻す助けとなるのです。

透き通るようなツヤとハリ。「美人印象」を手に入れる

みずみずしいツヤや透明感があり、全身に活力が満ちた健やかな人は、それだけでハッと振り返ってしまうような美人に見えます。メイクやスタイルを変えなくても、身体の「めぐり」が良くなれば、「美人印象」が高まります。

20150320_saishunkan_yoga.jpgよどみのない美人印象をつくるポイントは、食事や適度な運動でめぐりを良くすること。

アムラは、この「美人印象」をアップさせてくれそうな、女性の願いを叶える魔法の果実。

とはいえ、いくら身体に良くても、日本では果実そのものを手に入れることは難しい上に、5種類の味を持つといわれるだけあって、慣れない日本人には食べにくい果物でもあります。

サプリメントで賢く「アムラ」をとり入れる

そこでおすすめしたいのが、このアムラを贅沢に含む美容サプリメント「めぐりの結晶」。

ドモホルンリンクルで有名な再春館製薬所が初めて出した美容サプリメントで、アムラをはじめ、身体を温める「ヒハツ」、コラーゲンを生み出す力を助ける「月桃葉」、排出をサポートするアンセリン」、上質な天然コラーゲンである「鱧コラーゲン」、ほかにも「シトルリン」「プロテオグリカン」「ビートセラミド」「ヒアルロン酸」といった厳選された9つの成分がたっぷりと含まれています。

20150320_getto.jpg

月桃の花と葉。瑞々しい植物の力がめぐりをサポートしてくれる。

その名の通り、「めぐり」に注目したサプリメントであり、9つの成分が最も高い相乗効果を生むように配合されているため、アムラ単体で摂取する以上に身体の内側に強く働きかけてくれます。漢方の考え方を大切にする再春館製薬所らしく、自然由来の成分であることもうれしいポイント。ドモホルンリンクルのサイトだけでなく、Amazonでも購入することが可能です。

今、手に入れたいのはよどみのない心身。

アムラを上手に摂り入れることが、女性なら誰でも憧れる、透き通った「めぐり美人」になる近道かもしれません。

20150320_meguri_retouch.jpgめぐりの結晶」。1日4粒で人が本来持つめぐりの力を最大限に引き出してくれる。

めぐりの結晶

再春館製薬所HPからの購入は、こちらから。

Amazonからの購入は、こちらから。

ドモホルンリンクルをもっと知りたい方はこちら

(商品撮影/中山実華 文/中島理恵)

women,indian-gooseberry,woman-with-greens,shell-ginger-frower via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー