1. Home
  2. STYLE
  3. 子どもにホンモノを。年齢にあわせて選ぶフランス石けん「アンファンス」

子どもにホンモノを。年齢にあわせて選ぶフランス石けん「アンファンス」

4,233

Mao SHIMONO

子どもにホンモノを。年齢にあわせて選ぶフランス石けん「アンファンス」

20150305_enfance_1.jpgEnfance Paris(アンファンス・パリ)」という、おしゃれなパッケージのオーガニック石けんが、今パリで注目されています。

0歳から3歳、3歳から8歳、8歳から12歳と年齢別の肌に対応してつくられており、パラベンやアルコールなど、肌を刺激する成分が入っていない、フランスのオーガニック認定マークを取得している、100%メイドインフランスの石けんです。

子どもの年齢にあわせて選ぶ石けん

20150305_enfance_2.jpgたとえば、0歳から3歳用の石けんは、淡いイエローのパッケージ。それぞれオーガニックのカリテバター、カメリアオイル、ひまわりオイル、ココナッツオイルなどを配合。繊細な泡立ちで、傷つきやすい肌や柔らかい頭皮を優しく洗うことができます。ほのかに香るラベンダーの香りが、毎日のバスタイムで子どもと親にハッピーな気持ちをもたらしてくれます。

また、3歳から8歳用の淡いブルーのパッケージの石けんには、オーガニックのローズマリー精油が配合されています。これは、1日中動き回って汗にまみれ、ときには擦り傷を作ってくる年齢の子どものために、傷の治りを早くしたり、抗菌作用をもたらすため

さらに、8歳から12歳用の赤い石けんには、マカデミアオイルやペパーミントの精油、レモンの精油が配合されています。これから思春期を迎えてる子どもたちの肌を美しく保ち、毎日のシャワータイムに気分をリフレッシュさせてくれるのです。

20150305_enfance_3.jpg石けんのちいさな穴には上質なリボンが直接つけられていて、子どもの腕に通して直接体を洗えるように工夫がなされています。100gで10ユーロ、プレゼント用のコフレを選ぶと、15ユーロと高級石けんの域に入りますが、子どもをもつ親にとってはとっても嬉しい贈り物になりそう。

ツルツルときれいで、無防備な子どもの肌のためにブレンドされたフランス製石けん。自身も2児の母親である、アニエスさんが、子どもの肌のことを考えて生み出しました。現在はパリとベルギー、フィンランド、イギリスなどの一部ショップで展開されており、日本からもインターネットで注文を受け付けています。

[Enfance Paris]

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. えっ、この不調も更年期症状? 30代〜50代まで激変する体に対応するには【更年期まとめ】

    8. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    9. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    10. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    9. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら