1. Home
  2. STYLE
  3. 生理前からはきたい。骨盤の底を支える画期的なショーツ

生理前からはきたい。骨盤の底を支える画期的なショーツ

生理前からはきたい。骨盤の底を支える画期的なショーツ

shorts_top.jpg

下腹部にずーんとくる痛み、イライラ、ジャンクフード欲! 生理前や生理中の不快感っていろいろですが、わたしはいつも下腹部の「どんより感」にやられています。

痛み止めを飲んだり、冷え対策をしたりしながら「これ(下腹部のどんより感)ばっかりは仕方ない」と割り切っていたのですが、すごいショーツを見つけました。

下着メーカーが女性のからだと生理のことを考えぬいた

ワコールの「すごい下着発明部」が考えた「研究所からのサニタリーショーツ」のコンセプトは「モレないだけの生理ショーツじゃ満足できない」というもの。

サニタリーショーツといえば「モレない」という機能を重視したものが多いなか、このショーツは生理前から生理中の女性のからだの変化を考えた「からだのサポート機能」も充実。骨盤を前後左右から支えたり、骨盤の底からきゅっと持ち上げるような機能もあるのだとか。生理前からこのショーツをはくことで、下半身のどんより感とさよならできそう!?

150302shorts_detail.jpg

「からだのサポート機能」「はき心地」から、なんと「洋服との相性」まで考えぬかれていて、さすが下着メーカー発。例えば、裾の始末は「切りっぱなし」なので、下着のデコボコ感が表にひびきにくい。薄くてストレッチ性があるので締め付け感がなく、付け心地楽ちんです。

後ろを見ると、ギャザーが入っているので、お尻のかたちにフィットしやすい。サイドに縫い目がないのでごろつきにくく、はき心地なめらかです。

150302shorts_all.jpgサイズはM、Lの2サイズ。カラーはブラック、ネイビー、ベージュの3色。2916円。

履いてみると、その軽さと薄さにびっくり。サニタリーショーツというと、もたつくイメージもありますが、これならすっきり軽やか。そして、ヒップまわりにかかる軽めの圧もいいかんじ。ストレッチ素材がからだにぴったりフィットしてくれるのでアクティブに過ごせそうです。

何よりうれしいのはスキニーデニムを履いてもシルエットがでないこと。ヒップのかたちもきれいにみえるので、生理中は決まってぽっこりおなかになる私としては、それだけでも気分が明るくなりました。

下着メーカーが生理のことを本気で考えぬいてつくった究極のショーツ。ずーんとくるあのだるさとさよならできると思うと、うれしくなります。明るい色のボトムスをはきたくなる春、こんなショーツがあれば、生理前も生理中もハッピーに過ごせそう。

[ワコール,研究所からのサニタリーショーツ]

(編集部/遠藤)

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析