1. Home
  2. STYLE
  3. 生理前からはきたい。骨盤の底を支える画期的なショーツ

生理前からはきたい。骨盤の底を支える画期的なショーツ

生理前からはきたい。骨盤の底を支える画期的なショーツ

shorts_top.jpg

下腹部にずーんとくる痛み、イライラ、ジャンクフード欲! 生理前や生理中の不快感っていろいろですが、わたしはいつも下腹部の「どんより感」にやられています。

痛み止めを飲んだり、冷え対策をしたりしながら「これ(下腹部のどんより感)ばっかりは仕方ない」と割り切っていたのですが、すごいショーツを見つけました。

下着メーカーが女性のからだと生理のことを考えぬいた

ワコールの「すごい下着発明部」が考えた「研究所からのサニタリーショーツ」のコンセプトは「モレないだけの生理ショーツじゃ満足できない」というもの。

サニタリーショーツといえば「モレない」という機能を重視したものが多いなか、このショーツは生理前から生理中の女性のからだの変化を考えた「からだのサポート機能」も充実。骨盤を前後左右から支えたり、骨盤の底からきゅっと持ち上げるような機能もあるのだとか。生理前からこのショーツをはくことで、下半身のどんより感とさよならできそう!?

150302shorts_detail.jpg

「からだのサポート機能」「はき心地」から、なんと「洋服との相性」まで考えぬかれていて、さすが下着メーカー発。例えば、裾の始末は「切りっぱなし」なので、下着のデコボコ感が表にひびきにくい。薄くてストレッチ性があるので締め付け感がなく、付け心地楽ちんです。

後ろを見ると、ギャザーが入っているので、お尻のかたちにフィットしやすい。サイドに縫い目がないのでごろつきにくく、はき心地なめらかです。

150302shorts_all.jpgサイズはM、Lの2サイズ。カラーはブラック、ネイビー、ベージュの3色。2916円。

履いてみると、その軽さと薄さにびっくり。サニタリーショーツというと、もたつくイメージもありますが、これならすっきり軽やか。そして、ヒップまわりにかかる軽めの圧もいいかんじ。ストレッチ素材がからだにぴったりフィットしてくれるのでアクティブに過ごせそうです。

何よりうれしいのはスキニーデニムを履いてもシルエットがでないこと。ヒップのかたちもきれいにみえるので、生理中は決まってぽっこりおなかになる私としては、それだけでも気分が明るくなりました。

下着メーカーが生理のことを本気で考えぬいてつくった究極のショーツ。ずーんとくるあのだるさとさよならできると思うと、うれしくなります。明るい色のボトムスをはきたくなる春、こんなショーツがあれば、生理前も生理中もハッピーに過ごせそう。

[ワコール,研究所からのサニタリーショーツ]

(編集部/遠藤)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    生理前からはきたい。骨盤の底を支える画期的なショーツ

    FBからも最新情報をお届けします。