1. Home
  2. EAT
  3. 風邪のひきはじめに。自家製「黄金のはちみつ」の作り方

風邪のひきはじめに。自家製「黄金のはちみつ」の作り方

1,834

カンポルミ寛子

風邪のひきはじめに。自家製「黄金のはちみつ」の作り方

image via shutterstock

イタリアで「ナチュラルな抗生物質」とも言われているのが、はちみつとターメリックの黄金コンビ。わたしも友人から聞いて、のどの痛みを感じるときは、はちみつとターメリックを混ぜたものを飲んでから寝るようにしています。

自分でつくる「黄金のはちみつ」

風邪のひきはじめ、のどのイガイガによいと言われるシンプルなレシピがこちら。

はちみつ100gに、大さじ1杯のターメリックパウダーを混ぜたものを容器に入れて保存します。

これこそ、アーユルヴェーダでは「黄金のはちみつ」と呼ばれていて、風邪の症状が出た1日目には毎1時間ごとに大さじ半分のシロップを飲み、2日目は2時間に1度、3日目は同じ分量を1日3回飲むのをおすすめしています。

(「ambientebio」より引用)

ビタミンやミネラルなど体に不可欠な成分をミックスしているので、安心しておいしく摂取できるのがうれしいところ。

カゼの諸症状にはシロップ

風邪の諸症状には、もっと濃いシロップのレシピを。はちみつとターメリックの黄金コンビに、解毒作用と消化を助けてくれると言われる生姜と、ターメリックの働きをフォローする胡椒も入ったものです。

・ハチミツ120g・生姜のすりおろし大さじ2杯・ターメリックパウダー小さじ2杯・レモン1個分の絞り汁・黒胡椒少々

これらの材料をすべてよく混ぜて保存してください。

(「ambientebio」より引用)

エキゾチックでスパイシーなシロップは常に備えたいところ。風邪の季節の心強い味方、ぜひ試してみてくださいね。

ambientebio

    regularbanner

    Ranking

    1. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    2. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    3. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    4. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    5. 走ると関節が痛む人におすすめのトレーニング

    6. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 閉経で太るのは本当? 更年期の身体の変化をクイズで知ろう!

    9. 30秒続けば大したもの。プランクの正しい姿勢をマスター!

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    9. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    10. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの