1. Home
  2. MIND
  3. 女性の不調に、グウィネス絶賛の温活セラピー

女性の不調に、グウィネス絶賛の温活セラピー

女性の不調に、グウィネス絶賛の温活セラピー

20150215_yomogi1.jpg

多くのハリウッドセレブをクライアントにもつロサンゼルスの「TIKKUN SPA」で、めずらしいトリートメントがブームになっているようです。

グウィネス・パルトロウが、ウェブマガジン「Goop」で「ロサンゼルスにいるなら絶対体験すべき!」と紹介していたのが、「Mugworth V-Steam」というヨモギ蒸しの一種。女性特有の不調を緩和する効果が期待できるといいます。

女性の不調に。新しいヨモギ蒸し

韓国では昔から行われているというヨモギ蒸しですが、「TIKKUN SPA」では遠赤外線と組みあわせて提供しています。遠赤外線をつかうことで、通常のサウナよりも低温でありながらカラダの芯まで浸透して温まり、大量の汗をかくことができます。アメリカで今とても人気があり、多くのホリスティックドクターがデトックスの一環としておすすめしています。

20150215_yomogi3.jpg

Well and Good」では、このような遠赤外線とヨモギのスチームに関しての専門家の見解を紹介していました。

多くの女性が生理、膣の乾き、不妊の問題などを抱えています。このトリートメントはこれらの症状を緩和するナチュラルな良い方法です。

(「Well and Good」より引用)

日本でも冷えは万病の元と言われるように、カラダを温めることを心がけている女性も多いですが、アメリカでもホリスティックな観点で、カラダを温めることは女性特有の悩みに効果があると考えられているようです。

ストレス緩和の効果も期待

産婦人科のドクターのなかには、このトリートメントの効果に懐疑的な意見をもつ人もいるようですが、支持する意見もあります。

ハーブがストレスを緩和するアロマセラピー的な効果ももっているかもしれません。

(「Well and Good」より引用)

確かにハーブの香りとスティームに包まれて、温まれば心もカラダもリラックスできます。日本でも韓国系のスパなどで、ヨモギ蒸しを提供しているところも多いので、TIKKUN SPA」と似たような体験ができるかもしれません。ハリウッドで流行中のトリートメント、いち早く試してみたくなりました。

TIKKUN SPA,Goop,Well and Good

Featureflash / Shutterstock.com

白石 里美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    女性の不調に、グウィネス絶賛の温活セラピー

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • よもぎ温座パット 6個入り ×3箱セット(18個セット)
      • グラフィコ
      • by Amazon.co.jp
      • 目細八郎兵衛商店 金沢の加賀繍を始めとする伝統工芸 お洒落な天然石付ホロホロ鳥ピアス(赤紫)
      • undefined
      • by Amazon.co.jp