1. Home
  2. EAT
  3. 冷えの少ない「いちご甘酒」【あるベジタリアンの食卓】

冷えの少ない「いちご甘酒」【あるベジタリアンの食卓】

1,323

松永真美

冷えの少ない「いちご甘酒」【あるベジタリアンの食卓】

塩麹のブームで一般的になった「麹」。麹は、蒸した米に麹菌をまぶして発酵させた日本の伝統的な発酵食品で、味噌や醤油を作るときにも使います。味噌作りの時期に合わせて店頭に麹が並ぶようになるため、麹というと冬のもの、というイメージもあるようです。

でも、実は麹は体を冷やす性質があります。塩麹などを寒い季節に取り入れるときは、根菜や生姜などと合わせて使い、加熱調理するのがおすすめです。また、麹で作った甘酒は、飲む点滴とも言われるほど栄養価の高い物ですが、これは伝統的には夏バテ対策として用いられたもの。体を温める性質はなく、やや冷やす性質があります。寒い季節に体を温めるために飲むようなイメージもありますが、甘い物を飲むのであれば、白砂糖で甘みをつけたココアなどを飲むよりは体が冷えなくていい、というくらいな感じでしょうか。

今日食べたもの:いちご甘酒

麹を使って甘酒を作りました。これからの季節の甘味料としては、甘酒がおすすめです。白砂糖だけでなく、てんさい糖やメープルシロップなどにくらべても、甘酒は体を冷やす性質が弱いのです。出来上がった甘酒は、料理やお菓子作りのときに甘みとして使ったり、夏は凍らせてシャーベットとして食べたり。

作り方は、とても簡単。と同量か少し多いくらいのお粥(玄米粥でも作れますが白米粥のほうがより甘みが強くなります)を混ぜ合わせて50℃くらいでひと晩保温するだけ。お粥がまだ熱いうちに麹を混ぜると菌が死んでしまうので、50℃くらいに冷めてから混ぜましょう。

保温の仕方はいろいろありますが、保温ができる水筒やポットに入れたり、炊飯器を保温モードにして蓋を開けたままにしておいたりと、それぞれの事情に合わせた方法でOKです。私の場合は、炊飯器やポットがないので、厚手の鍋に入れてこたつの中やホットカーペットの上に置いておきます。

甘い香りがして、麹の粒が柔らかくなったときができあがり。麹は生き物なので、何時間で必ずできる、というものではないのです。甘みが足りなかったり、粒が硬かったりした場合は、もう少し時間をおいてみましょう。保温が上手にできなくて温度が多少低くなったとしても、時間をかければちゃんと発酵してくれます。

できあがった甘酒に、つぶしたいちごを入れたものがいちご甘酒です。冷やしてもおいしいですが、冬はあつあつにして飲むのがおすすめです。

    Ranking

    1. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    7. 女性は更年期のあとが楽しいって知ってた? 「バラ色の時間」を迎えるために今やっておきたいこと

    8. 顔がほてる、汗をかく。最も多い悩み「ホットフラッシュ」の改善策

    9. 更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    6. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    Buy

      • 青森県産米使用の生米こうじ1キロ
      • 鈴木こうじ店
      • by Amazon.co.jp

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら