1. Home
  2. MIND
  3. 目の下のクマ。原因のひとつは鼻づまりだった

目の下のクマ。原因のひとつは鼻づまりだった

1,298

目の下のクマ。原因のひとつは鼻づまりだった

年々、濃くなる気がする目の下のクマ。なんとかしたい!と思っていたら、兄弟サイトの「ライフハッカー[日本版]」に意外なことが書かれていました。

睡眠時間を増やしても、あなたの目の下のクマが治るとは限りません。よくあるクマの原因のひとつが、鼻づまりです。鼻がつまると、通常は目から鼻へ流れていく静脈が拡張し、色が黒っぽくなります。

ライフハッカー[日本版]」より引用

さまざまあるクマの原因のひとつが、鼻づまりだったなんて! 解決法は鼻うがいだそう。

食塩水(水500mlに対し塩小さじ1杯)か、市販の生理食塩水スプレーで鼻腔を洗えば、鼻づまりの改善と、ひいてはクマの解消に、役立つ可能性があります。

ライフハッカー[日本版]」より引用

クマが気になったら、鼻うがい。あわせて鼻づまりも解消。乾燥しやすい季節にはちょうどいいかもしれません。ちょっと勇気がいりますが、試してみたいと思います。

ライフハッカー[日本版]

(マイロハス編集部/寺田)

woman via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    Buy

      • B.T.S.S かわいい おしゃれな ネティポット 鼻うがい アーユルヴェーダ
      • DECOR
      • by Amazon.co.jp