20141121_present.jpgクリスマス、送別会、お歳暮......。1年の中でも贈り物をする機会が増える時期になりました。せっかく思いを込めて選んだ品物だから、ラッピングも贈る相手のイメージにあわせたい。そのこだわりをカタチにしてくれる、ビギナー参加OKのラッピングレッスンを見つけました。

基本テクニックを学ぶだけでも、ラッピングのクオリティに差が出ます。

チャリティスタイルの1回完結型ラッピングレッスン

20141121_wrapping_2.jpgそのレッスンをひらいているのは、ファッション誌でも活躍しているラッピング・コーディネーター、中尾和香奈さん。

毎月第2水曜日の13:30~15:30(11月は26日)、東京・恵比寿にて1回完結型で開催される「子供地球基金×BON PLIAGE チャリティラッピングレッスン」は、その名のとおりレッスン代の一部が「NPO法人子供地球基金」に寄付されるチャリティスタイル。初心者や近々プレゼントの予定がある人など、まずは1回だけ学んでみたい人もワンストップ受講が可能で、基礎的なテクニックを使いつつ、デザイン性高く、洗練されたラッピングを学ぶことができます。

20141121_wrapping_1.jpgはじめてでも、こんなにキレイに!

包むときは「贈りたいギフトと、包装紙やリボンのテイストや色合わせがまとまっていると、素敵に見えます。心を込めて包むことが、いちばんのポイントです」と中尾さん。

本格的に学びたい人は、中尾さん主宰のラッピングスタジオ「Bon Pliage (ボン・プリアージュ)」にて、プロのラッピングコーディネーターを目指すコースもあります。

これまで、当たり前のように購入したショップでラッピングをお願いしていましたが、ちょっとしたコツでキレイに包めるなら、贈る相手の好みに合わせたオンリーワンラッピングにトライしてみようと思います。

[ボン・プリアージュ]

present via shutterstock