1. Home
  2. STYLE
  3. 新月にしたいこと、満月に気をつけたいこと

新月にしたいこと、満月に気をつけたいこと

7,898

キュンメルめぐみ

新月にしたいこと、満月に気をつけたいこと

古来から、月が私たち人間に不思議な影響をもたらすことは知られています。とくに新月はその昔、カレンダーで●(黒い丸)で表され、「死んだ月」と呼ばれていました。そのため、新月は1か月のうちたった1日だけなのにもかかわらず、神秘的なパワーがあるとみなされてきたようです。

月の満ち欠けが描かれた「月のカレンダー」もドイツでは一般的。今回はこれに習って、ヨーロッパ、とくにドイツでどのように月が暮らしに生かされているかをお伝えします。

髪を切ったり、デトックスを。新月にしたいこと

ドイツの月カレンダーで特徴的なのが、ガーデニングに関する記述があること。種まきから始まり、水やり・肥料やり・さし木・収穫に適した日が記入されていて、ガーデニングが好きな人はこれを大事に守っています。というのも、新月は新しいことを始めるのに適した日だからなのだそう。新月に植えられた植物は肥料をそれほど使わずとも、きちんと育ってくれるのだとか。

<新月の日にしたいこと>
・種まき
・ヘアカット、カラーリング、パーマ
・ファスティング、デトックス
・甘いものやお酒、タバコを絶つ

ドイツでは、新月に髪を切る! という女性も多いです。なんでも、新月の日にヘアカットをすると、髪が健やかに伸びるのだそう。新月にパーマやカラーリングをすれば、カラーやパーマの持ちがよくなるとも思われています。

この「新月の力」はお酒、たばこなど悪習慣を絶つのに適した日とも言われています。甘いものを絶ったり、デトックスするのにぴったり。ファスティングを新月に行うだけで、通常より効果が高まるともいいます。

興味深いところでは、お医者さんのなかには、難しいオペは新月の日を選ぶ人もいるといいます。新月であると患者の出血量が少なくて済み、問題も起きずにことが運びやすい、と信じているからのようです。

満月の日に気をつけたいこと

満月のとき、人はいつもよりもお酒が進みケンカも増えます。月は自分から光を放つのでなく太陽の光を反射したもの。満月は、月が太陽の光を真正面から受けた状態になります。

占星術では、その人の表向きの顔を表す「太陽星座」と、裏の顔をあらわす「月星座」とがありますね。太陽と月が向かいあう満月の日には、その人の意識と無意識が拮抗するのだそうです。

そのため満月で人はイライラしがちに。ケガをすれば、普段より出血量が増えるともいわれます。植物は水分を多く蓄えるため、この時期に刈り入れたり切ってしまうと、すぐに枯れることもわかっています。

これらは月のカレンダーの教えの一部。月のリズムは私たちにいろいろな面で影響を与えているのかもしれません。自然に従って生きる一部のドイツ人の真面目な顔を見ると、自然と人間との絆は案外、強いものなのかなと思えてきます。

Der mondkalender,Mond Kraft

fairly night via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    4. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    5. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    8. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

    9. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    5. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    6. 自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

    7. 自律神経の乱れ、寝つきの悪さを1分で整える

    8. 更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

    9. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    8. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    9. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    10. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら