1. Home
  2. STYLE
  3. 新月にしたいこと、満月に気をつけたいこと

新月にしたいこと、満月に気をつけたいこと

9,241

キュンメルめぐみ

新月にしたいこと、満月に気をつけたいこと

古来から、月が私たち人間に不思議な影響をもたらすことは知られています。とくに新月はその昔、カレンダーで●(黒い丸)で表され、「死んだ月」と呼ばれていました。そのため、新月は1か月のうちたった1日だけなのにもかかわらず、神秘的なパワーがあるとみなされてきたようです。

月の満ち欠けが描かれた「月のカレンダー」もドイツでは一般的。今回はこれに習って、ヨーロッパ、とくにドイツでどのように月が暮らしに生かされているかをお伝えします。

髪を切ったり、デトックスを。新月にしたいこと

ドイツの月カレンダーで特徴的なのが、ガーデニングに関する記述があること。種まきから始まり、水やり・肥料やり・さし木・収穫に適した日が記入されていて、ガーデニングが好きな人はこれを大事に守っています。というのも、新月は新しいことを始めるのに適した日だからなのだそう。新月に植えられた植物は肥料をそれほど使わずとも、きちんと育ってくれるのだとか。

<新月の日にしたいこと>
・種まき
・ヘアカット、カラーリング、パーマ
・ファスティング、デトックス
・甘いものやお酒、タバコを絶つ

ドイツでは、新月に髪を切る! という女性も多いです。なんでも、新月の日にヘアカットをすると、髪が健やかに伸びるのだそう。新月にパーマやカラーリングをすれば、カラーやパーマの持ちがよくなるとも思われています。

この「新月の力」はお酒、たばこなど悪習慣を絶つのに適した日とも言われています。甘いものを絶ったり、デトックスするのにぴったり。ファスティングを新月に行うだけで、通常より効果が高まるともいいます。

興味深いところでは、お医者さんのなかには、難しいオペは新月の日を選ぶ人もいるといいます。新月であると患者の出血量が少なくて済み、問題も起きずにことが運びやすい、と信じているからのようです。

満月の日に気をつけたいこと

満月のとき、人はいつもよりもお酒が進みケンカも増えます。月は自分から光を放つのでなく太陽の光を反射したもの。満月は、月が太陽の光を真正面から受けた状態になります。

占星術では、その人の表向きの顔を表す「太陽星座」と、裏の顔をあらわす「月星座」とがありますね。太陽と月が向かいあう満月の日には、その人の意識と無意識が拮抗するのだそうです。

そのため満月で人はイライラしがちに。ケガをすれば、普段より出血量が増えるともいわれます。植物は水分を多く蓄えるため、この時期に刈り入れたり切ってしまうと、すぐに枯れることもわかっています。

これらは月のカレンダーの教えの一部。月のリズムは私たちにいろいろな面で影響を与えているのかもしれません。自然に従って生きる一部のドイツ人の真面目な顔を見ると、自然と人間との絆は案外、強いものなのかなと思えてきます。

Der mondkalender,Mond Kraft

fairly night via Shutterstock

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    8. 食べる人に必要なマナーとは。土井善晴さんが教える「くらしのための料理学」

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    8. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    9. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    10. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    9. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    10. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら