1. Home
  2. MIND
  3. 石井ゆかり「手のひらの言葉」vol.5 言葉

石井ゆかり「手のひらの言葉」vol.5 言葉

1,096

石井ゆかり

石井ゆかり「手のひらの言葉」vol.5 言葉

20140929words.jpg

日常にあるなにげない「言葉」をひとつずつ手のひらにのせて眺めてみる......そんなエッセイを石井ゆかりさんにお願いしました。今回の言葉は「言葉」です。

マイロハス編集部さんから「お題」を頂いて書くコラム企画、第5回目のテーマは、「言葉」。

私は現在、肩書きを「ライター」としていて、言葉をつづることを生業としている。この肩書きを選んだのは、「物書き」「文筆業」などとすると、ちょっと物々しすぎて、気恥ずかしかったからだ。単純に、文章を書くこと、つまりライティングを生業としているから、ライター、という意味で使っている。

しかし、この「ライター」という肩書きは一般に、もっと別な意味を持っている。たとえば、普通のライターさんは取材や打合せなどでフットワークよく飛び回っているものだ。しかし、私はほぼ、自室の机に座り、朝から晩まで地蔵のように座ったままで仕事をしている。仕事紹介のような記事で「ライターと言っても、文章を書いている時間は仕事の中のほんの一部なんです」という一文を読んだことがある。私は「そうでもない人もいます」と心の中で呟いた。

「作家」は文字通り、作品を作る。仕事は「自己表現」のひとつと言えるだろう。一方、一般的な意味での「ライター」は、ものごとを「伝える」のが仕事だから、自己表現は、間接的には行われているのかもしれないが、それがメインでは無いはずだ。私の仕事は「作家」と「ライター」の中間くらいにあって、どちらかと言えばライター寄り、みたいなモノなんだろうなと思う。

そんなスタンスだからか、私の文体には特徴があるらしい。自分では意識していないのだが、Webサイト「筋トレ」をスタートさせたときから「ゆかり節」などと言われることがしばしばあった(ごはんにかけるとおいしそうな感じもする)。

で、「どんなふうに言葉が出てくるんですか」と、よく聞かれる。

聞かれて初めて考えたのだが、もし私の「言葉」に特徴があるとしたら、それは「否定」から言葉が出てくる、というところではないか。

たとえば、「その方にお会いしたら、すごくきれいな人でした」と言ったとする。しかし「きれいな人」という言葉から出てくるイメージは、人によって千差万別だ。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と、美女を花に喩える表現がある。一方、小説「野菊の墓」で、ヒロインを「民さんは、野菊のような人だ」と表現する場面があるが、これもまた、美しさの表現だと思う。「牡丹のような人」と「野菊のような人」では、まったく別の「きれいな人」が思い浮かぶ。

そう思ってみると、単に「きれいな人」と言っただけでは、何も伝わっていないのだ。もとより、イメージや印象を「正確に伝える」ことなど不可能なのだが、それでも私たちは何とか、その細部を言葉で伝えようとする。

そんなとき、「Aのようではなく、B」という表現方法がある。

たとえば、単純に「野菊のような人だった」と言うだけでなく、「牡丹のような美人や芍薬のような美人ではなく、彼女はあくまで、野菊のような美人だった」と言えば、華やかさや派手さはなくとも、芯の強い、明るい、どこかもの悲しいところのある人、というふうにイメージが絞られていく。

白い画用紙の上に「光」を描こうと思ったら、影を書き込んでいくしかない。影を深くすればするほど、光が際立って感じられる。レンブラントの絵はどこまでも暗いけれど、私たちはそこにまぶしさを感得する。最初に「Aのようでなく」と置かれる否定は、その先に言いたい「B」という光を浮かび上がらせるための、黒い影なのだ。

このやりかたは、「きれいな人」を表現する、といったような部分的なことにとどまらない。文章全体の構成を考える上でも、この形を取る。すなわち、「一般にはAと考えられているが、じつはBなのではないか」といった構成だ。

このとき、本当に主張したい「B」より、否定したい「A」のほうから話を始めることになる。すると、否定するつもりだった「A」についてしらべたり考えたりしなければならなくなる。結果、否定しようと思っていた「A」の中に、否定しがたいことや例外を見つけてしまうこともある。そこで、文章全体が全く新しい方向に向かっていったりする。

影で光を表現するようなこのやりかたは、様々な可能性を持っている。うまく行くこともあれば、大失敗することもある。試行錯誤は今日も続く。

文/石井ゆかり、イラスト/山本祐布子

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    3. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    6. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    7. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    8. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    9. トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

    10. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    3. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    4. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    5. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    10. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    9. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Buy

      • 星栞 2014年下半期の星占い (yukarimansion)
      • 石井 ゆかり|幻冬舎
      • by Amazon.co.jp
      • 愛する力。 ~続 愛する人に。~
      • 石井 ゆかり|幻冬舎
      • by Amazon.co.jp

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら