1. Home
  2. STYLE
  3. Le Concert de Babar/フランスの人気絵本『ぞうのババール』のコンサート【カヒミ カリィの Wherever I go 】

Le Concert de Babar/フランスの人気絵本『ぞうのババール』のコンサート【カヒミ カリィの Wherever I go 】

カヒミ カリィのThe plate of my life

Le Concert de Babar/フランスの人気絵本『ぞうのババール』のコンサート【カヒミ カリィの Wherever I go 】

20140912_babar_1.jpg

来月の10月19日に、東京で行われるイベントに参加する事になりました。ステージに立つのはNYに引っ越して以来なので約2年振りで、しかも今回は珍しくクラシックの演奏家の方と御一緒させて頂き『ぞうのババール』という絵本の朗読をします。ご存知の方も多いと思いますが、『ぞうのババール』はフランスの代表的な絵本のひとつで1931年にフランスの作家ジャン・ド・ブリュノフによって誕生しました。その後、アニメーションも制作され、今では日本はもちろん世界中に愛されるキャラクターになっています。

この絵本が生まれたきっかけは、ジャンの妻セシルが彼らの子供達の寝かしつけ時に自作で語った物語でした。その想像力豊かな内容に感銘した彼は、その話を元に絵を描いて、絵本を出版する事にしたのです。

するとたちまち『ぞうのババール』はフランス中で話題となり、数年後にはイギリスやアメリカでも人気を博しました。しかしその後、ジャンは37歳という若さで病死してしまうのです。家族は悲しみに暮れましたが、長男ロランが20歳という若さで父ジャンの道を受け継ぎ、続編を出版したのでした。

お母さんをハンターに殺され、ジャングルから都会に逃げてきたババール。そこで親切な老婦人に出会い、服や車を買ってもらい学校にも通わせてもらいます。やがて故郷が恋しくなったババールは自家用車で育った森に帰ります。毒キノコを食べて死んでしまった王様の跡継ぎに都会で教育を受け、文明を持ち帰ったババールは王様に就任します。

『ぞうのババール』は1931年、国際植民地博覧会があった年に出版されましたが、実はこのババールの物語は、植民地主義を正当化しているとの物議がかもされているのです。ババールは子供向けの童話ですが、このくだりを考えると大人にとっても興味深いものとなるはずです。

20140912_babar_5.jpg

この『ぞうのババール』に音楽を付けた作曲家がいました。20世紀前半のフランス6人組と云われる作曲家集団の1人であり、原作者のジャン・ド・ブリュノフとは親しい知人であったフランシス・プーランク Francis Jean Marcel Poulenc です。第2次大戦中に彼はいとこの子供達にせがまれて、この絵本に音楽をつけ始め、1945年頃に完成したと言われています。

そして1994年には、私も大好きなフランスを代表する女優ジャンヌ・モローの朗読によってアルバムも制作されました。ジャンマルクルイサダのピアノに、彼女の圧倒的な存在感が際立った素敵な作品です。その他にもフランスのシャンソン歌手ジャック・ブレルや、日本でも何と忌野清志郎さんが、1989年に絵本の訳者である矢川澄子氏の立会いの中で録音されています。

20140912_babar_2.jpg20140912_babar_3.jpg20140912_babar_4.jpg

今回のステージは、あえてババールのアニメーションなどは投影せず、シンプルに音楽を鑑賞できる雰囲気にするそう。ババールのお話が子ども達の寝室で誕生した時のように、私達と一緒にイマジネーションを膨らませて音楽やフランス語のお話を楽しんで頂けたら嬉しいです。

ステージは2部構成になっていて、第2部に私の朗読が予定されています。第2部を子供と一緒に鑑賞出来る、ハーフタイム親子券というチケットも限定で14日から発売するそうです。私にとってもクラシックの素晴らしい演奏家の方と御一緒させて頂ける貴重な機会なので、ぜひ観に来て下さいね!

[コンサート・ババール 公式ホームページコンサート・ババールFacebook]

カヒミ カリィ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. タンパク質不足に気づいていますか? 手軽に摂れる良質プロテイン5つ

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. あなたは、内向的か外向的、どちら? 実際は、思っているより複雑です

    4. 人生が変わらないのは「自罰行為」のせい!? 人生を簡単に変える3ステップ

    5. ずっと元気でいたい? 簡単なのは食事を変えること。病気を防げる食べもの5つ

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 人気のヨガ10種類! ヨガを始める前に知っておきたい、それぞれの特性とは?

    9. 【問題】瞑想をしても脳は活性化しない?|健康のウソ・ホント14

    10. その方法あってる? ドクターが教える「正しい腸活」

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. お尻と太ももの境界線がくっきり! 美尻トレーニング体験

    3. 疲れでも加齢でもない! 風邪をひきやすくする意外な理由

    4. 頭皮に見つけた円形脱毛、それは乳がんのせいでした

    5. ずっと元気でいたい? 簡単なのは食事を変えること。病気を防げる食べもの5つ

    6. 「脳動脈瘤」のせいかも。ズキズキする激しい頭痛、見過ごさないで

    7. すべてのランナーにおすすめ! 運動前にやっておきたいストレッチ6

    8. 歯科矯正のメリットとは? いつまで受けられる?【歯や歯医者さん基本のき Vol.7】

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 人生が変わらないのは「自罰行為」のせい!? 人生を簡単に変える3ステップ

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    5. 「乳がんの初期サイン」をレモンで表した写真が完璧!

    6. お尻と太ももの境界線がくっきり! 美尻トレーニング体験

    7. ダイエットに「ゆで卵」がおすすめな理由

    8. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    9. ぷよぷよ腹筋を割った、シンプルな自宅ワークアウト。道具はほぼ必要なし!

    10. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    Le Concert de Babar/フランスの人気絵本『ぞうのババール』のコンサート【カヒミ カリィの Wherever I go 】

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More

    Buy

      • 小鳥がうたう、私もうたう。静かな空に響くから
      • カヒミ カリィ|主婦と生活社
      • by Amazon.co.jp
      • ぞうのババール―こどものころのおはなし (評論社の児童図書館・絵本の部屋―ぞうのババール 1)
      • ジャン・ド・ブリュノフ|評論社
      • by Amazon.co.jp