1. Home
  2. グリッティ
  3. ダイエットの新習慣。毎日の足裏シップで、代謝アップ

ダイエットの新習慣。毎日の足裏シップで、代謝アップ

ダイエットの新習慣。毎日の足裏シップで、代謝アップ

足裏にはたくさんのツボがありますが、マッサージするだけでなく、シップをしてもいいようです。毎日の「足裏シップ」で、代謝がアップし、ダイエットにも成功!という話を姉妹メディア「Glitty」に見つけました。

この「ダイエット湿布」は、TVにも多数出演「骨骨先生」の愛称で親しまれている、長谷接骨院の長谷愼一院長が研究や臨床を重ね、現代の日本人に合った反射区を見つけ考案したものだそう。

シップは2か所に貼るだけ

20140819_bare_feet_2.jpg上記イラストのように、2か所に貼るだけ。

・234指のつけ根=甲状腺の反射区

脂肪代謝を促すホルモンにより、脂肪燃焼に効く。ここは、知らなければまず貼らない、マニアックな場所ですね!

・土踏まず下=腎臓と腸の反射区

水分代謝がよくなり腸の蠕動運動も促され、むくみや便秘に効きます。

(「Glitty」より引用)

わずかな刺激でも反射が起こる足裏

足裏シップがどうしてよいのか、理由は足裏の自律神経にありそうです。

長谷先生によると、「足裏にはたくさんの血管が密集し、さらにその血管に自律神経がまとわりついているんですね。だから湿布のようなわずかな刺激でも反射が起こり、大きな効果が期待できるんです」とのこと。お話をうかがい、とにかく足裏の「自律神経」このキーワードがキモであることがわかりました。

(「Glitty」より引用)

シップは、薄めのものを貼るのがいいようです。これなら簡単、ちょっと試してみたくなりました。

[Glitty]

(マイロハス編集部/宮本)

little-girl via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    ダイエットの新習慣。毎日の足裏シップで、代謝アップ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • 貼るだけでやせる! 足裏湿布ダイエット (ケータイ新書)
      • KADOKAWA / エンターブレインDMG
      • by Amazon.co.jp