1. Home
  2. EAT
  3. 疲れた胃腸と肌をすっきり改善。おいしい薬膳スムージー

疲れた胃腸と肌をすっきり改善。おいしい薬膳スムージー

高田薫

疲れた胃腸と肌をすっきり改善。おいしい薬膳スムージー

20180827_yakuzen_smoothie01.jpg

薬膳の世界では、夏は腸をケアする季節。日本人は胃腸など消化器官が弱い人が多いそうです。とくに夏は胃の調子が悪くなりがち。胃の調子がよくないと全身の状態も悪くなるといいわれます。胃腸をケアするための食材について、薬膳の観点から薬膳料理家・阪口珠未さんにうかがいました。

胃腸を整えて、脱むくみ!

胃もたれ、むくみ、冷え、疲れやすさなど、夏に出やすい症状は、腸の力が落ちることで出てきます。たとえば、冬の冷えなどは、夏にためてしまったむくみが原因で悪化してしまうのだそう。

「中国ではビールも常温」というのはよく聞きますが、腸にはいいこと。日本人は中国人より冷え性が多いのですが、原因は、夏に冷たいものをたくさん飲んでしまうため。逆に言うと、夏の間に体を温めてむくみを解消すれば、冬のツライ冷えが緩和されます。また、胃腸の働きが落ちてくると、皮脂量、水分量などをコントロールする力も低下します。これは、肌のくすみやたるみの原因にもなります。

そして、胃腸の不調によるお肌のトラブルにも効果的なのが、薬膳です。薬膳と聞くと難しいイメージや、食材が手に入りにくいイメージがありますが、実際は身近な食材で毎日続けられ、しかも効果大! 薬膳で腸を整え、消化吸収を良くすると、全身の状態も自然と良くなってくるのです。

中でも穀類は体にエネルギーを与えてくれる食材です。胃腸の働きを整えて、体の余分な水分を排出してくれるので、むくみ対策にもおすすめ。そこで今回は、穀類の中でも穀物繊維が玄米の5倍と言われるオーツ麦である「えん麦ふすまを使った、夏のむくみを解消する薬膳スムージーレシピの作り方を教えてもらいました。

20180827_yakuzen_smoothie02.jpg冬瓜とキウイのスムージーレシピ

材料(朝食1回分)

冬瓜......皮ごと50g(種は取り除く)

キウイ......100g(約1個)

えん麦ふすま(オーツ麦)......約10g

はちみつ......大さじ1

生姜......5g

水......100cc

作り方

1.冬瓜は皮ごとひと口大に切る。キウイも皮をむいてカットする。生姜は皮ごとスライス。

2.1と水をミキサーに入れ、攪拌する。

3.2にはちみつ、麦を加えてさらに攪拌する。

薬膳では、冬瓜は水分代謝を改善し、むくみを解消する食材とされ、漢方薬としても使われています。消化を高めるキウイと合わせ、さらに繊維の豊富な麦を加えることで、ダイエットにも向いています。また、はちみつを甘酒などで代用するのも美味しくておすすめです。

夏のカラダを癒す薬膳的食材の組み合わせ

実はこのスムージーのように、食材の組み合わせでカラダをメンテナンスする知恵が、薬膳にはたくさんあります。例えば、冷えが気になる人には、桃とトマトの組み合わせが効果的。桃は血の巡りを改善して、体を温める食材です。トマトは体を冷やす食材ともいわれますが、薬膳では女性は赤い食材を積極的に摂るとホルモンバランスが整うため、よいとされています。

また、マンゴーとかぼちゃの組み合わせも、夏に弱りやすい胃腸の働きを高めてくれるとか。マンゴーやかぼちゃは紫外線からお肌を守る働きもあるので、美肌効果も期待できます。かぼちゃはひと口大にカットしたものを生で使うことで、さっぱりとした夏にぴったりの口当たりになります。

そしてできれば、それぞれに穀物を加えるとさらにバランスと腹持ちがアップ。豊富な繊維を摂取でき、腸にやさしいスムージーになります。

晩暑の疲れがたまったカラダに、やさしく活力を与えてくれるでしょう。

20140826_mugi_juce_004.jpg今回の「冬瓜とキウイのスムージー」には、えん麦ふすまを使用しました。

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    Buy

      • 毎日使える薬膳&漢方の食材事典
      • 阪口珠未|ナツメ社
      • by Amazon.co.jp
      • Panasonic ファイバーミキサー ブラックメタル MX-X300-K
      • パナソニック
      • by Amazon.co.jp