1. Home
  2. MIND
  3. 彼が好きすぎて辛い。「重い」と思われないための心のレッスン

彼が好きすぎて辛い。「重い」と思われないための心のレッスン

30代からのやさしい愛のはじめ方

1,824

斎藤芳乃

彼が好きすぎて辛い。「重い」と思われないための心のレッスン

20140725_rennai.jpg

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

これまで3000人以上の恋愛・結婚にまつわる相談を解決してきました。その中で、よく寄せられる悩みを例にあげ、「なぜか普通の幸せが手に入らないの......」と悩む女性たちに向け、その対処法を紹介していきます。

今回のお悩みは「これまでの恋愛では恋人との距離感が分からず、重いと言われてしまうことがありました。いまの彼のことがとても好きで、こうした失敗を繰り返さないためには、どうしたらいいでしょうか?」です。

女性が男性のことを好きすぎて距離感がわからなくなるとき、男性から重いと感じられてしまうケースは、とてもたくさんあります。

これは、恋愛に依存をしている状態なのですが、今回は、この距離感を持つための「自立し、他者を尊重できる女性になるためのレッスン」をお伝えしていきます。

●自己受容できていないのが原因

恋愛で相手に依存してしまう大きな原因のひとつが、「自分のことを自分で受けとめきれていないこと」です。

たとえば、コンプレックスがあり、自分のことを嫌いなために、恋愛相手に逃げてしまう。自分の過去の辛さや今までの孤独を恋愛相手にすべて埋めて欲しいと思っている。いま、思い通りにならないことが多く、それを忘れさせて欲しい、などです。

これらの例のように、無意識に自分の感情の処理ができていないと、「自分が受け止められない自分自身のことを、相手に受け止めてもらいたい」「この感情を見ないようにするために、相手によって自分のことを満たしたい」と、過大な期待を彼に向けてしまいます

そして、必要以上に相手と一緒にいようとすることで、相手の時間を奪ってしまったり、「自分と同じように感じてほしい、分かってほしい」と、自分の欲求を押しつけてしまうことになるんですね。

●埋めてほしい思いは、まず自分自身で埋める

こうした相手への愛着は、子供時代に親との関係で満たされなかった気持ちが多い場合に起こります。

子供時代に、親に自分の存在を注目してもらえなかったり、認めてもらえなかったり、感情を受けとめてもらえないと、大人になって、その分の補償を恋人に望むようになります。

つまり、他人と自分としての尊重しあえる関係ではなく、親子のようにすべてを「一緒にする」関係を相手に求めてしまうのですね。

しかし、ここまで求められると、相手がそれを受け入れてくれる人であればいいのですが、多くのケースで相手の男性は負担になってしまいます。

こうした場合は、まず、自分が自分の親代わりになり、自分の感情を受けとめるクセをつけてみましょう

悲しいことがあっても、まずは自分の感情を受けとめて、それを彼にぶつけない。満たされない想いがあっても、まずは自分で自分のことを喜ばせてあげたり、楽しくなることを積極的に行い、「なんでも彼と一緒に」は控える。

このように、なんでもすべてを彼に満たしてほしいと思うのではなく、まずは自分で生活や感情を満たすことを心がけることで、彼に重いと感じさせることがなくなっていきます。

●彼を尊重することで、ずっと続く関係を築く

そして、彼の生活や気持ちを一番に優先しながら生活するように心がけてみましょう。

ここでの「優先」とは、自分が犠牲になって我慢するという意味ではなく、「相手がどうしたいのか? ということを聞いたり、おたがいの希望を確認しあいながら、相手の意志を尊重するクセをつける」ということです。

自分が会いたい、一緒にいたいという気持ちを大切にしながらも、その気持ちを押しつけてしまうまえに「私はこう思っているけれど、あなたはどう?」というように、相手の自由な気持ちを尊重することで、バランスが取れ、距離感が保てるようになっていきます。

些細なことですが、こうして彼が「自由な選択」をできるようになるだけで、「自分のことを考えて尊重してもらっている」と感じられるようになっていくんですね。

*****

いかがでしたか?

恋愛は、ちょっとした工夫で息苦しさを解消できたり、おたがいに自由を感じて幸せに過ごすことができるようになっていきます。

彼を愛する気持ちはとても素晴らしいことだからこそ、こうして相手を尊重しながら、長く一緒にいられる関係を作っていってくださいね。

couple via Shutterstock

    Ranking

    1. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    2. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    3. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    4. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    5. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    6. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    7. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    8. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    9. 【絶品トマトジュースをプレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    10. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    5. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    6. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    7. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    8. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    9. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    10. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら