1. Home
  2. MIND
  3. うるおってもっちり。30代からの美肌洗顔

うるおってもっちり。30代からの美肌洗顔

ミヤモトヒロミ

うるおってもっちり。30代からの美肌洗顔

20140523_sofina1.jpg

そろそろ梅雨。肌のべたつきやテカリが気になる時期です。この季節の肌ケアについて、美容のトレンドやナチュラルな美容法に詳しい永富千晴さんと、読者の目線で美容情報を発信している横溝なおこさんにうかがいました。

もっちりクッション泡に気分まで癒される

永富:私が注目しているのは「落とすケア」いま美容業界でも、素肌の状態に戻す「洗顔」の大切さが見直されています。ちょっとしたブームと言ってもいいかもしれません。特にこれからの季節は、皮脂や汗が増えてきて肌の状態がゆらぎやすくなるから、正しい洗顔ってすごく重要。

横溝:洗顔って、スキンケアの「要」ですよね。私は最近、洗顔のなかでもたっぷりの泡で洗う"泡洗顔"にハマっています

永富:たしかに「泡」って大事。たっぷりの泡で洗うと、優しく洗えて、しかも汚れがしっかり落ちるでしょ?

横溝:そうそう! ふわふわの泡で洗うと手で顔をこすらないから肌に優しいし、なにより、作りたてのマシュマロみたいな泡に顔をうずめる感触そのものが大好き! 気分まで癒されます。

水だけで洗っていませんか? 汚れが残っていることも

横溝:取材していて気づいたんですが、朝の洗顔で洗顔料を使わない人って意外と多いみたいです。忙しいからかもしれないけど......。

永富:寝ている間も汗や皮脂は出ているもの。特に、夏に向かっては汗の量も増えるし、夜窓を開けて寝ると、場所によっては外気の汚れやホコリが付きやすくなります。皮脂がちょっとネチっとした感じ、いやですよね。朝から洗顔料を使ってしっかり汚れをオフするのが大切なんです。

横溝:お湯の温度は「人肌よりちょっとぬる目」がベスト。お湯の温度にもこだわってもらいたいですね。

まずは「洗顔」から。30代からのエイジングケア

洗顔の方法にも、30代からの美肌を保つ方法があるのだとか。やってしまいがちなのが、「ごしごし洗い」。Tゾーンや小鼻の周りなど、つい力を入れてごしごし洗いたくなりますが、それでは肌を傷つけてしまう、と永富さん。

永富:ポイントは、いかに手と顔の摩擦を防ぐか。たっぷりの泡で肌に負担をかけずに、うるおいを残して洗うのが重要です。エイジングケアって何か特別なことが必要のように思いがちだけど、毎日、正しい洗顔を続けることが大切なんです

※年齢に応じた、うるおい・ハリのお手入れ

もっちり肌に洗い上げる「泡」の秘密

永富:そのために、泡洗顔で気をつけたいのが泡の質。きめが細かくて弾力のある泡なら、泡そのものを動かしながら洗えるから肌に負担がかかりにくいんです。

横溝:洗い上がりの感触も大事だと思う。汚れを落とすのは大切だけど、うるおいまで落としてつっぱるのはNG。美容液成分が入った泡なら、うるおいを守ってくれて、洗い上がりがもっちりします。

話題の泡の実力をCHECK

20140523_sofina2.jpg20140523_sofina3.jpg

※写真上下ともに泡立てネット使用時

横溝:この泡、すごくきめ細かい!

と、手にしているのは、濃密なクッション泡で話題の「ソフィーナ クッション泡洗顔料」。

横溝:泡がしっかりしていて、気持ちいい。これ、私の理想の泡かもしれない!

20140523_sofina6.jpg

※泡立てネット使用時

永富:かなり固め。500円玉が乗っちゃった。手を下に向けても落ちないし、こんなに吸着力と弾力があったら、気持ちよさそう!

横溝:これ、泡立てネットまで付いてるんですね。

永富:手で泡立てるのって意外と大変。簡単にモコモコの泡がつくれるのがいいね。

ちょっとした工夫で洗顔タイムが充実!

20140523_sofina7.jpg

最後に、朝晩の洗顔タイムを楽しむためのこだわりポイントをうかがいました。

横溝:私は、タオル選びにこだわっています。肌触りのいいお気に入りの1枚を見つけると、それだけで洗い上がりの気持ちが違いますよ。ちなみに私は、今治のタオルを使っています。

永富:私は、冷やしておいたタオルで洗い上がりの肌をクールダウンさせるのがお気に入り。肌も引き締まるし、何より気持ちがいいんです。毛穴が開きがちなこれからの季節、おすすめです。

汚れを落として肌の状態を整えるだけでなく、気持ちもリフレッシュ。おふたりのアドバイスに、朝晩の洗顔タイムが楽しみになりそうです。

20140523_sofina8.jpg

ソフィーナ クッション泡洗顔料

内容量:120g (約120回分)泡立てネット付き

価格:1,800円(税抜・編集部調べ)

◆お話を伺ったのは......

20140523_sofina9.jpg永富千晴さん

美容ジャーナリスト。2003年、業界初の会員制ビューティコミュニティラボ「club C.」を主宰するなど、多角度から美容を追求。

レギュラー連載・トークショー・ラジオ・TVに加え、美容特集の監修や企画も手がけ、美容を切り口に、いきいきした女性のライフスタイルを提唱している。

20140523_sofina10.jpg横溝なおこさん

美容ジャーナリスト。ビューティをファッションやライフスタイルの一部ととらえた視点で、主にファッション誌系の美容ページを中心に活動。

リリース作成・販促用ツールの制作、コスメ開発のコンサルティングやマーケティングのアドバイザー、イベントやトークショーへの出演、雑誌・広告への寄稿なども行っている。

(文・ミヤモトヒロミ/撮影・柳原久子)

    specialbanner

    Ranking

    1. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    2. 寝たまま脚パタパタで腹筋しっかりつく! 簡単エクササイズ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    5. やさしい甘さが和食やパンにも合う。100%米麹の甘味料

    6. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    7. お肉なしでもおいしい! 野菜たっぷり洋食おかず10選

    8. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    9. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    10. 便秘、肌荒れ、肥満...どれも新型栄養失調かも。カリスマ管理栄養士が解説

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    6. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    10. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!