1. Home
  2. SPORTS
  3. 目の疲れがスッキリ。「うさぎのポーズ」で表情も明るくなる

目の疲れがスッキリ。「うさぎのポーズ」で表情も明るくなる

2,760

村上華子

目の疲れがスッキリ。「うさぎのポーズ」で表情も明るくなる

ヨガには逆転系のポーズといって、その名の通り上半身を下に向け、頭部に血液を集めることで脳を活性化し、ストレス解消等を促すというテクニックがありますが、即効性がありココロと体への効果が高い分、少々上級者向けのポーズとも言われています。

そこで今日は、正座の姿勢から誰でも簡単に行える逆転のポーズ「うさぎのポーズ」をご紹介します。

このポーズの魅力は、百の数、数多くの気(血液)が出会う処と呼ばれ、頭頂部の大切なエネルギーポイントである「百合(ひゃくえ)」を刺激することで、眼精疲労やそれに伴う頭痛、頭重感を改善。また、自律神経にも穏やかに作用し、副交感神経のスイッチをオンにするので気持ちの高ぶりを鎮め、不眠症などでお悩みの方にも効果的です。

長時間のパソコン作業合間や、スマホの見過ぎで目が疲れたという時には、たった30秒「うさぎのポーズ」の実践で、目・首・肩スッキリ! 思考も冴え渡り、表情も明るくイキイキと輝きます。

うさぎのポーズ

シャシャンガ・アーサナ/Sasamgasana

主な効能:疲れ目、頭重感、肩こり、肌あれ・顔のくすみ、抜け毛、不眠などの改善。

20140416_yoga_1.jpg

<ポーズ手順>

【基本編】

1.正座の姿勢から、上体を前に倒しおでこを床につける。両手は顔の横。

2.息を吐きながらお尻を持ち上げ膝を立てる。腰の真下に膝が来るように調節。

3.軽くあごを引き、首の後ろを伸ばすようなイメージで、頭頂部を床と垂直に。

4.深い呼吸を繰り返しながら、頭頂部の心地良いポイントを探る。

20140416_yoga_2.jpg

【応用編】

※首・頭頂部に痛みが無い場合のみ実践。

5.4の姿勢のまま下腹を軽く締め、頭頂部と膝で体重を支える。

6.手を床から離し、肩甲骨を引き寄せながら、背中側で両手を組む。

7.息を吐きながら、組んだ両手を天井に向かって引き上げる。

8.このまま、3~5呼吸ほどキープ。

※【基本編】【応用編】共にポーズを終了する時は、1の姿勢に戻り5呼吸ほど休憩後、頭が最後に持ち上がるように、ゆっくりロールアップしながら正座に戻る。

<POINT

両手を背中側で組み、天井に引き上げることでうさぎの耳を描くポーズ。この動作を加えることで、肩や背中をほぐし、肩こりのケアにも効果を発揮します。

ただし、首や頭頂部に痛みがあったり、床から手を離すことが不安な場合は無理をせず、4の姿勢を完成ポーズとしましょう。

また、頭頂部を床につけている時は、首を痛める恐れがあるので、顔を横に向けないように注意が必要です。

image via shutterstock

    Ranking

    1. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット

    7. 医師が教える「足がむくむ5つの理由」と元通りにする方法

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    6. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    9. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技