仮設住宅から笑顔をこめて。リサイクル素材の手作りぞうり

仮設住宅から笑顔をこめて。リサイクル素材の手作りぞうり

20140318_zouri_1.jpg

narahato 2,500円

東日本大震災から3年が経過しましたが、復興にはまだまだ時間がかかります。そんななか、仮設住宅で楽しく手を動かしながら、布草履を作っているのが、福島県楢葉町から避難してきたお母さんたち。

町の名前にちなんで、「narahato」とブランドネームがつけられ、発売されています。しかも、はき心地抜群!

お掃除もできる快適布草履

復興支援として寄付も大切ですが、継続でき、被災者たちがやりがいのあることは何かと考え、楢葉町を盛り上げようと立ち上がった「ならは盛り上げ隊」。

20140318_zouri_2.jpg

住民のみなさんが主人公になれる商品をと考えて生まれたのが、この「narahato」です。リサイクルのTシャツを裂いて、ひとつずつ編み上げて作られる布草履は、鼻緒が指の間を刺激して心地よく、お部屋履きとしても快適。

布なので、キッチンでちょっと水をこぼした時などは、そのまま足裏でふき取る簡単掃除ができます。簡単に洗えるので、雑巾代わりにしても大丈夫なんです。

ひとつひとつ違った表情の布草履

素材がリサイクルTシャツなので、同じものは二つとありません。なので、カラーなど指定はできませんが、唯一無二のオリジナルって嬉しいですよね。また、ひとつひとつに作り手の名前が付けられています。お母さんたちの笑顔を見ると、逆にこちらが元気になれそうです。道の駅やfacebookなど、一部でしか買うことができませんでしたが、ようやくオンライン購入が可能になりました。

快適な布草履を購入することで、少しでも支援になればうれしいですよね。作ってくれたお母さんたちの笑顔を思い浮かべられる布草履です。

オンラインストア:日本きらり,美光

ならは盛り上げ隊

仮設住宅から笑顔をこめて。リサイクル素材の手作りぞうり

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。