1. Home
  2. Sponsored
  3. ミヤモトヒロミ
  4. 3月12日は「サイズの日」。美人とサイズの意外な関係

3月12日は「サイズの日」。美人とサイズの意外な関係

ミヤモトヒロミ

3月12日は「サイズの日」。美人とサイズの意外な関係

20140312_wacoal_top.jpg

「スリーサイズは?」と聞かれて、きちんと答えられるひとは、意外と少ないみたい。3月12日は「サイズの日」。自分のサイズについて改めて考えてみませんか?

目指すべきは、シルエット美人

春らしい日も増え、肌を見せるファッションが気になってくる季節。そろそろ本格的にダイエットを、と考えているひとも多いかもしれません。でも、その前に気にしたいのが、いまの自分の「シルエット」。なぜなら、スタイルの見た目印象を左右するのは、パーツのサイズそのものよりも、全体的なシルエットのバランスなのだとか。

理想のボディは、バスト・ウエスト・ヒップのバランスが整ったもの、というデータも発表されています。小柄でも、メリハリがあって全体のバランスがいい人はスタイルがよく見えるもの。ダイエットに励む前に、自分のシルエットを知ることからはじめましょう。

思い込みサイズに注意!

シルエット美人を目指すうえで、忘れてならないのは下着のこと。下着をつけた時のカラダのラインは見た目に大きく影響します。運動やダイエットでカラダを改造する前に、まずは、いまの下着のサイズが合っているかを見直して。特に、ブラジャーのサイズは間違っている人が多いのだとか。何年も前に測ったものを、「自分のサイズ」と思い込んでいる人は要注意です。

ファッションと下着とは、切っても切れない関係です」。そう話すのは、女性誌などで活躍中のスタイリスト、窪田佳代子さん。下着にどれだけ気を使っているかで、その人がオシャレかどうかが決まるとも。

「サイズの合った下着をつけていないと、ブラジャーやショーツの線が服にひびいてしまったり、カラダのたるみがシルエットに出てしまったり。それだけで『自分の手入れをしていない人』という、だらしない印象になってしまいます。特に薄着のシーズンは注意が必要です」

女性の体型は年齢によっても変わっていくので、サイズの思い込みは捨て、ブラジャーのサイズは定期的に測って、正しいサイズを更新してほしい、と窪田さんは話します。

下着を味方につけて、からだの美しさを引き出そう

オシャレかどうかは下着で決まる、と聞くと、外からは見えなくても、下着選びは侮れません。逆に考えれば、自分のサイズに合う下着を味方にすれば、シルエット美人にぐんと近づくということ。「たとえば、デコルテを美しく見せたり、脇をすっきりさせたりと、下着は選び方によって服を着た時のシルエットをキレイに見せてくれます」と窪田さん。自分に合った下着をつければ、カラダ本来の美しさを最大限に生かせるというわけです。

ベーシックな服を着ているだけで、なぜかおしゃれな雰囲気、というひとは下着にも気を使っているのかもしれません。まずは、ブラジャーのサイズをきちんと測ることからはじめたいですね。測りかたはこちらのサイトを参考に。測るときの正しい姿勢や、メジャーの正しいあて方など、意外と知らないサイズの測り方の基本がわかります。自分のサイズを測ったら、ブラチェックの達人を目指すゲームも楽しんでみては?

ワコール「サイズの日」,「どんぶら試着室」

(ミヤモトヒロミ)

    specialbanner

    Ranking

    1. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    2. 寝たまま脚パタパタで腹筋しっかりつく! 簡単エクササイズ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    5. やさしい甘さが和食やパンにも合う。100%米麹の甘味料

    6. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    7. お肉なしでもおいしい! 野菜たっぷり洋食おかず10選

    8. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    9. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    10. 便秘、肌荒れ、肥満...どれも新型栄養失調かも。カリスマ管理栄養士が解説

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    6. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    10. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!