1. Home
  2. MIND
  3. 過眠・過食・倦怠感は「ウィンターブルー」が原因! 自宅でできる対処法

過眠・過食・倦怠感は「ウィンターブルー」が原因! 自宅でできる対処法

1,007

Mao SHIMONO

過眠・過食・倦怠感は「ウィンターブルー」が原因! 自宅でできる対処法

20130116_winterbleu_1.jpg

朝、目覚めが悪いのは、「ウィンターブルー」が原因かもしれません。

過眠、過食、倦怠感の理由はウィンターブルー

冬の日照時間が短いヨーロッパ北部では、太陽が一日中顔を覗かせない、どんよりと暗い日が続く事があります。人間の体内時計が正常に働くためには、朝の光を浴びることが不可欠。光が不足することで体内時計のリズムがくるい、うつうつとした気分に見舞われることがあります。そんな冬特有の気力の低下や、倦怠感、過眠、過食といった症状を「ウィンターブルー」と言います。

1日30分のライトセラピー

そこで開発されたのが、体内のリズムを正常にする「ライトセラピー(光療法)」です。

使い方は簡単で、医療器具として認可された専用ライトをそばに置き、朝起きたら30分間、そのライトを浴びて過ごすだけ。1日に一定時間、集中的に明るいライトを浴びることで、体内のホルモンバランスが整えられ、ウィンターブルーを防ぐのに役立ちます。

フランスでは年々需要が増していて、150〜300ユーロで購入できます。

自宅でできるウィンターブルー対策

このライトを買わなくても、家の中をなるべく明るくすることでケアする方法が紹介されていました。

壁の色を白やベージュにしたり、木目調の明るい色の家具を使ったり、家の中に鏡をおいたりします。また、ひかりもののアクセサリーを身につけるだけでも、ちょっとした対処に役立ちます」

※『Topsanté.com』より引用

これならできそう! 日本でも、冬の朝がつらいのは、光と関係があるのかも知れません。冬はなるべく明るい環境で、健康的に過ごしたいものです。

[Topsanté.com]

photo by Thinkstock/Getty Images

(下野真緒

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Buy

      • 天使のサンキャッチャー (ピンク)
      • アトリグラス
      • by Amazon.co.jp

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら