1. Home
  2. EAT
  3. 野菜の食べ過ぎはNG! ヘルシー志向な人にありがちな食の落とし穴

野菜の食べ過ぎはNG! ヘルシー志向な人にありがちな食の落とし穴

6,621

野菜の食べ過ぎはNG! ヘルシー志向な人にありがちな食の落とし穴

ヘルシー志向の女性には聞き捨てならない情報を発見。一日5食ダイエットを提唱する、管理栄養士の伊達友美さんによると、野菜中心の生活を意識するばかりに、タンパク質、糖質、脂質が足りない女性が急増しているそう。

野菜に偏りすぎた食生活に注意

3大栄養素でもある「タンパク質」「糖質」「脂質」の不足は、代謝や肌のハリ、うるおいの低下、くすみの原因にもなります。そもそも3大栄養素が足りないと、野菜でビタミンを補給していても、その働きが生かされないそう。これは早急に食生活を見直さなければ......。

1日にどの程度、タンパク質を摂ればいいの?

自分の食生活で気になったは、タンパク質不足。「五訂食品成分表」によれば、30代女性が1日に摂取すると良いとされるタンパク質は55g。

主な、タンパク質の含有量はこちら↓

・絹ごし豆腐:4.9g・ゆでたまご(1個):12.9g・納豆:16.5g・ぎんざけ(焼き):25.2g・若鶏肉(皮つき、ゆで):21.0g

(100g中)

毎食タンパク源を食べているとは限らないし、大豆製品中心で肉や魚を控えているという人は、がんばって摂取する必要がありそうです。

理想的な、野菜摂取量は?

1日に必要な野菜の摂取量は350g程度と言われています。野菜だと、大根を3~4センチ、にんじんを1/2個、もやしひと袋の半分、青梗菜1株程。

健康意識が高い女性なら、意外ととれてしまう量かも......。逆に野菜でお腹がいっぱいになりすぎて、タンパク質やその他の栄養が不足しているかどうか、注意した方が良いそうです。

バランス良く食べるにはお鍋が一番!

バランス良く食べるためには、タンパク質となるおかずを一番大きなお皿で、野菜は副菜として摂るよう心がけると良いそうです。ほかにおすすめなのが、鍋料理。タンパク質や野菜がしっかりとれて、薬味などでカラダをあたためられるという効果も! 手軽にできて美容に良いなら一石二鳥です。

さっそく、インターネットで見つけた「ぽかぽかしょうが鍋」を試してみようと思います!

こちらの記事もおすすめ

食べてやせるは本当だった。健康ライターが50年実践するシンプルな食事法 [The New York Times]
体重を落とすのによい14種類の炭水化物


[なぜこれでキレイになれるの?,すぐに役立つ五訂食品成分表,S&B エスビー食品株式会社,タニタのカラダ応援ネット カラダカルテ]

photo by Thinkstock/Getty Images

若松真美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    野菜の食べ過ぎはNG! ヘルシー志向な人にありがちな食の落とし穴

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More

    Buy

      • コミックエッセイ なぜこれでキレイになれるの?
      • 伊達友美|アスコム
      • by Amazon.co.jp