1. Home
  2. MIND
  3. 通勤中でもできる! 心まで整う、ヨガ流・姿勢の正し方

通勤中でもできる! 心まで整う、ヨガ流・姿勢の正し方

1,305

村上華子

通勤中でもできる! 心まで整う、ヨガ流・姿勢の正し方

20130827_yoga_1.jpg

ヨガをはじめたばかりの生徒さんから、「どれ位の頻度でレッスンに通えば効果的ですか?」という質問をいただくことがあります。もちろん"毎日!"と、お答えしたいところですが(笑)、ヨガばかりに時間を費やせないのが現状ですよね。

そこで、日々忙しく暮らしている(そして、お疲れの)みなさんにおすすめしたい、ヨガとの向き合い方をご紹介します。

その1:ヨガスタジオのレッスン

レッスンの参加は、週に1回以上がベター。筋肉や体の各組織が運動の効果を記憶しているリミットは約1週間が限度。ヨガの効果を体が忘れることがないように、週に1回はスタジオに足を運び、レッスンに参加することがおすすめ。

~スタジオレッスンの利点とは?~

レッスン全体の流れや、様々なポーズが学べる。個人の体に合せたポーズの修正や応用、怪我に応じた対処法のレクチャーもあり。大勢でヨガを行うことで"場"のエネルギーが高まり、ひとりでは維持することが難しい、モチベーションを引き上げることにも。

その2:ホームプラクティス

最近はヨガの書籍や、レッスンDVDが数多く販売されているので、自宅でも本格的なヨガが可能になりました。スタジオに行けない日は、呼吸法+ヨガポーズを2~3種類、時間にして15分~20分程度の短いプラクティスでも確かな効果が得られます。

ホームプラクティスの利点とは?~

人目を気にせずにいつでも気軽に行えるのが魅力。リラックスした環境は、瞑想的な集中に導きます。ある程度のヨガ経験を積むと、その日の自分の体調や気分にあわせて、快適な目覚めのサポートや、安眠への導入をセルフコントロールできるようにも。

その3:気がついた時にいつでも

毎日の暮らしの中にヨガのテクニックを染み込ませることで、心身の状態が格段に変化していきます。その入り口として意識したいのが、一番身近にある"姿勢"。姿勢が整うことで、内臓機能や全身の筋肉組織、さらには呼吸組織までが整い、心身を快適な状態に導きます。

<実践編>

気がついた時にすぐできるヨガポーズ『山のポーズ』(Tadasana /ターダ・アーサナ)※サンスクリット語で「ターダ」は「山」を表し、"山のようにしっかりと直立する"という意味を持つ、全ての立ポーズのスタートライン。

やり方(1)両脚の親指の付け根と、内くるぶしを軽く合わせて立ちます。

(2)(目を閉じて)足の裏に意識を持ち、つま先とかかとの間で体重移動を繰り返しながら、バランスの取れる場所を見つけ、そこに重心を置きます。

(3)両脚の伸びを感じ、下腹を引き締めて骨盤を安定させたら、頭頂を天井の方へと引き上げるイメージで背筋を伸ばします。

(4)(目を開き、前方のかなたを見つめる)ひと息ついたら、肩の力を抜き、耳から遠く離します。

(5)軽くあごを引き、首を長く伸ばします。

(6)最後に、足の裏でしっかりと大地を踏みしめることで、踏みしめるのと同じだけのエネルギーが、背骨を通って上昇するのを感じます。

(7)全身を巡る心地の良い呼吸とともに、不動なる自分の存在を味わいます。

美しい姿勢をキープするために活用する、背中・お尻・太もも・ふくらはぎの筋肉は『抗重力筋(こうじゅうりょくきん)』と呼ばれ、その名の通り、これらは地球の重力に抗うための筋肉。鍛えることで溌剌としたボディラインを培い、さらには、心を平穏に保ために必要な脳内伝達物質「セニトロン」の分泌を活性化するという優れた効果もあります。

ヨガは、"気がついたときが、チャンスタイム"。 お仕事中や家事の合間に、外出先でも電車を待つ駅のホームや、交差点で信号が変わる合間などにこっそり行っても◎。たったの1分間、正しい姿勢と意識的な呼吸の癖づけをすることで、効果的に働く美しいボディラインと、溌剌とした健やかなマインドを目指しましょう!

(村上華子)

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    Buy

      • YOGI TEA レモンジンジャーティー
      • ゴールデンテンプルジャパン
      • by Amazon.co.jp