1. Home
  2. STYLE
  3. アナ・ウインター、オバマ大統領......成功した有名人に共通する朝の習慣

アナ・ウインター、オバマ大統領......成功した有名人に共通する朝の習慣

アナ・ウインター、オバマ大統領......成功した有名人に共通する朝の習慣

早起きは良いことだ、と頭でわかっていてもなかなか難しいもの。

でも、世界で活躍する人たちがとても早起きだということを知ったら、明日からやってみよう! と思えるかもしれません。ご紹介する成功者たちは、皆早起きをし、朝に自分なりの「習慣」を作っていて、どれも参考になるものばかり。

◆アナ・ウィンター(ヴォーグ編集長)20130807_morning_1.jpg

アナは5時45分に起床。テニスを1時間したら、ヘアスタイリストが来てトレードマークのボブヘアをセット。その後、運転手つきの車で出勤します。◆バラク・オバマ(アメリカ合衆国大統領)

20130807_mornin_2.jpg夜型人間でありながら、オバマ氏は早く起きて、8時半か9時頃に始まる官邸での仕事の前に、運動をします。「時間ができたら運動をする」のではなく、意識的に朝に運動の時間を確保しています。グウィネス・パルトロー(女優)20130807_morning_3.jpg4時半に起床し、ヨガをします。「私は全然朝型人間じゃないけど、早起きは自分で決めてやっていること。私は自分にはとても厳しくて、週6回ヨガをして、キレイなものを食べると、気分がとてもよくなるの」と、インタビューで語っています。

◆ミシェル・オバマ (アメリカ合衆国ファースト・レディ)オバマ大統領と同様に、ミシェルも早起き! 4時半に起きて、運動(トレッドミル、バーベル、縄跳び、キックボクシングも!)を朝一番の活動として優先しています。これは「自分の幸せは、自分自身をどう思うか」に直結していると信じているから。また、「母親として、自分自身のケアをしっかり出来る女性であることを娘たちに見てもらいたいから」という理由から。

◆ロバート・アイガー(ウォルトディズニー社CEO)アイガー氏も4時半起き組。自分だけの静かな時間を確保し、「運動をして頭をすっきりさせ、新聞を読み、メールをチェックして、ネットサーフィンをして、テレビを見る。これを全て同時にやる」と語っています。

ちなみに私は6時に起きてすぐに炭酸水を飲んで身体を覚醒させ、10分間の瞑想をしています。この習慣を始めてから集中力が高まりました。夏は日の出も早く、身体も目覚めやすいので、早起きを習慣にするチャンスです。良いことばかりの早起き、おすすめです!The One Thing These Crazy Successful People Do Every Morning,the guardian,CBS News,People,Oprah.com,The New York Times

山縣美礼)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    アナ・ウインター、オバマ大統領......成功した有名人に共通する朝の習慣

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • ファッションが教えてくれること [DVD]
      • ビデオメーカー
      • by Amazon.co.jp
      • マイ・ドリーム―バラク・オバマ自伝
      • バラク・オバマ|ダイヤモンド社
      • by Amazon.co.jp