1. Home
  2. MIND
  3. 効能別で分かりやすい! 自分に合ったヨガスタイルの上手な選び方

効能別で分かりやすい! 自分に合ったヨガスタイルの上手な選び方

村上華子

効能別で分かりやすい! 自分に合ったヨガスタイルの上手な選び方

20130731_yoga_1.jpgいまやポピュラーな習い事になりつつ「ヨガ」。ヨガスタジオでは色々なスタイルのクラスが増えて、選ぶ楽しさがある反面、初心者にとってはどこから始めたら良いものか、悩ましいところ。ひとことでヨガと言っても、体を動かすアクティブなものから、瞑想や呼吸を重視する、ほとんど動かないスタイルまで多岐に渡ります。「ヨガなんてもうこりごり!」なんてことにならないように、はじめてのクラス選びには"効果"と"運動量"を考慮するのが手堅い選択。ここでは代表的なヨガのスタイルと、最適なタイプをご紹介します。◆代表的なヨガのスタイル※表示した「★」の数は1~3個、数が多いほど運動量が大心身の浄化と健康を求める人、ヨガの基礎を総合的に学びたい人にはこれ!
【ハタヨガ】(運動量:★~★★★)主に体を動かしてポーズを取るスタイル全般を指し、今現在ヨガスタジオで行われているヨガクラスの大半が、このハタヨガにあたる。基本的なポーズから呼吸法、瞑想までバランスよく行う。
ボディメイク効果や集中力UPを求める人、ストレス発散したい人はこれ!
【ヴィンヤサ系ヨガ】(運動量:★★★)「アシュタンガヨガ」や、「パワーヨガ」などを代表とする、呼吸に合わせてポーズからポーズへと流れるように動く、ダイナミックでエネルギッシュなスタイル。アメリカやヨーロッパなど西洋でいちはやく人気を得たヨガスタイル。
疲れが溜まりやすく過緊張気味の人、活力を回復したい人はこれ!
【リストラティブヨガ】(運動量:★) "ゆだねるヨガ"と呼ばれているように、ボルスター(ヨガ用長枕)やブロック、ベルトなどを多用して、姿勢を補助しながらポーズを保持する。全身を穏やかに圧迫&ストレッチすることで完全なリラックス状態を作り、緊張した心身を回復に導く。
生理不順など女性特有のお悩みを持つ人、産後のボディラインが気になる人はこれ!
【骨盤調整ヨガ】(運動量:★)ここ数年で一気にブームとなった、近代的な"テーマ系ヨガスタイル"のひとつ。体の要である骨盤をヨガのポーズを用いて整えることで全身壮美を目指す。骨盤のゆがみが原因で生じている様々な不調を改善する効果もあり。
怒りっぽくイライラしやすい人、心身の柔軟さと安らぎを求める人はこれ!
【陰ヨガ】(運動量:★~★★)ひとつひとつのポーズを長時間保持することで筋肉をゆるませ、気や血流を促し、体の奥にある骨や関節をつなぐ結合組織にまで働きかける。静止のヨガとも言われ、自分の内面を観察し、アクティブなヨガ(陽ヨガ)を補うプラクティスとしても最適。
他にもたくさんのヨガスタイルがあるので、はじめての方はスタジオのスタッフやインストラクターに相談してから受講するのが◎。そして、もうひとつのポイントは、一度の体験でヨガを辞めずに、日を開けて最低3回は異なるクラスを受講してください。クラスの内容や当日の心身のコンディション、インストラクターとの相性など、いろいろな要因でヨガの体感は大きく変わります。ヨガがもたらす素晴らしい効能は、継続することにあり!ぜひ、お気に入りのスタイルを見つけて、息の長~いヨガライフを満喫してください。(村上華子)
    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 髪のパサつき、白髪、抜け毛に。10分で作れる栄養満点パスタ

    5. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    6. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    7. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    8. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    9. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    3. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    7. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    8. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    9. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    10. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    9. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    Buy

      • 自然体で生きる 月ヨガ生活のすすめ
      • 島本 麻衣子|中経出版
      • by Amazon.co.jp