20130727.brandrip.jpg

乾燥が目に見える冬と違い、夏は保湿ケアを怠りがち。しかし、実は夏の肌もエアコンや紫外線で乾燥しているので、しっかり保湿するのは大切。でも、オイルやクリームってベタつくのでイヤ......なんていうときにぴったりなのが、サラっとした使い心地の、米ぬか生まれのオイルです。


昔も今も米ぬかが美容法に使われる理由

米ぬかは、昔から食べ物としてだけではなく、肌の汚れを落として、老化防止や艶のある肌を作る美容法として使われてきました。米ぬかに含まれるビタミンB1・B2が肌のシミを薄くし、ビタミンEが老化防止に効果的なんです。米ぬかを使用した化粧品がたくさんあるのも納得ですね。


食べるための米ぬかから搾ったホールオイル

20130727brandrip.3.png

そんな米ぬかを使ったコスメのなかで、最近重宝しているのが、一本で潤いをキープできる「ブラン‐ドリップ」。こちらは、スキンケア用ではなく、食べるための米ぬかから搾ったホールオイルなので、口に入っても安心! しかも、オイル特有のべたつき感がないのに、肌はしっとりなので、夏場でも使いやすいんです。ブルガリア産ダマスクローズの香りで癒されるところもお気に入りです。


朝晩塗るだけでOK

使い方は簡単。スキンローションで肌を整えた後、乳液やクリームの代わりにお肌に軽くのばすだけ。しかも、自然素材のみで、日本化粧品工業連合会SPF測定法基準による試験において、SPF2.3のUV効果が認められています。さらに、メラニン抑制の働きもあるので、朝も安心して使えます。もちろん、デコルテや腕、乾燥したかかと、頭皮のマッサージ用など、全身に使えますよ。

「食べても安全」にこだわって生まれた世界唯一の100%米ぬかスキンケアオイル。簡単お手入れで肌が潤うので、忙しい毎日にうれしく、ヘビーユースしています!

ブランドリップ
100ml 4,200円(税込)

(林ゆり)