1. Home
  2. MIND
  3. ネギは焼くと抗酸化力が2.5倍に。栄養価を高める"野菜の摂り方"

ネギは焼くと抗酸化力が2.5倍に。栄養価を高める"野菜の摂り方"

3,531

若松真美

ネギは焼くと抗酸化力が2.5倍に。栄養価を高める"野菜の摂り方"

20130701yasai_1.jpg旬の野菜は、栄養価が高いというのはよく知られています。太陽笑顔fufufu..netによると、夏に摂りたい野菜は、「紫外線などが原因の身体のさびつきを防ぐ抗酸化系の野菜。パプリカやトマト、なす、ブロッコリーなどカラフルな緑黄色野菜」。そして、これらの野菜を摂るときに、ひと手間加えるだけで抗酸化力がさらにアップする方法があるそう! 簡単に実践できそうな"ひと手間"がこちらです。
夏の日差し負けない! 抗酸化力がUPする野菜の摂り方◆カロチンを含む野菜はオリーブオイルと一緒にカロチンは油に溶けるので一緒にとることで、吸収率や抗酸化力がアップ。野菜を塩もみでしんなりさせてから、オリーブオイルをかけてサラダとしていただくのがおすすめ◆野菜も果物も完熟したものをバナナでは完熟度を表す、シュガースポットが出ると、抗酸化力が2倍以上!◆干し椎茸は30分天日干しにする機械干しのものもあるので、30分太陽に当てるだけで抗酸化力は倍以上に! ビタミンDは6倍以上にも!◆根菜類は炒めてから煮る筑前煮、きんぴら、カレーなどのように炒めてから煮る調理法は、煮るだけよりも抗酸化力がアップ。油で膜ができるので、栄養価を逃がさない◆ねぎは焼くのが一番ネギは焼くと抗酸化力が2.5倍に。味噌汁などにも、焼いてから刻んでいただくのが◎◆発酵した調味料×野菜が◎味噌や醤油など発酵した調味料は抗酸化パワー高く、野菜と組み合わせることで相乗効果も期待できる◆ビタミンA、C、Eをセットで摂る3つのビタミンを同時に摂ることで、助け合う働きをして栄養価や抗酸化力が向上。サラダや、お手製ジューズを摂るときには意識したい◆野菜は茹ですぎないゆで過ぎると抗酸化力やおいしさの低下に。ホウレン草やブロッコリーの最適な茹で時間は、10秒でOK
どれも簡単なので、すぐに実践できるものばかり。今年の夏は、野菜の力を味方につけて美肌をキープします![太陽笑顔fufufu..netphoto by Thinkstock/Getty Images(若松真美)

    Ranking

    1. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    2. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. サウナでも体は鍛えられる! 研究でわかったサウナの優れた健康メリット

    6. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    Buy

      • [インガクリストファー] Inge Christopher YUMIKO
      • Inge Christopher(インガクリストファー)
      • by javari