6月16日は「和菓子の日」。厄よけを願って食べたい嘉祥菓子

6月16日は「和菓子の日」。厄よけを願って食べたい嘉祥菓子

20130614_wagashi_1.jpg

6月16日は、「和菓子の日」です。

和菓子は外国から伝わり、外国の影響を受けつつも、日本独自のものとして発展し続けています。和菓子には、日本の四季・日本の心が詰まっており、世界に誇れる日本の食文化のひとつ。

今回は、そんな「和菓子のいろは」をご紹介します!


「和菓子の日」の由来は「健康祈願」

848年(嘉祥元年)6月16日に、仁明天皇が御神託に基づき、16個のお菓子やお餅などを神前にお供えし、疫病を除け健康招福(けんこうしょうふく)を祈願したことが始まりです。「嘉祥(かじょう)」は「めでたいしるし」で、鎌倉時代には、6月16日に通貨16枚でお供えのお菓子を捧げることが、吉例として定着しました。

江戸幕府においては、この日、「嘉祥頂戴(かじょうちょうだい)」と称し、御目見得以上の諸士に大広間で菓子をいただきました。白木の片木の上に青杉の葉を敷き、その上に、饅頭、羊羹、うづら餅、きんとん、白団子、干麩、のし餅などのお菓子を積み、一人一個ずつ取らせたといわれています。

また、当時の通貨「嘉祥通宝」の音が「勝(かつ)」に通じることから、嘉祥通宝16枚で16個のお菓子を買うと福を招くといい、「嘉祥喰」としてお菓子やお餅を買い、食べることが広まっていきました。

こうした「嘉祥の祝(嘉祥の日)」を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。


「和菓子の日」にちなんだ期間限定の和菓子


とらやの「嘉承菓子」

厄払いの意味をもつ「嘉承蒸羊羹」、嘉承の儀式や和菓子の日に関連する嘉定通宝のマークなどが刻印された「嘉承饅頭」の他、縁起の良い生菓子が小箱につまった「福こばこ」など。

どれも6月16日「和菓子の日」までの期間限定。さらに、江戸時代末期に、宮中にお納めした嘉承菓子を再現し、土器に7種のお菓子をもった「嘉承菓子7ヶ盛」も。老舗のとらやならではの種類豊富なラインナップです!

20130614_wagashi_6.jpg

たねやの「吉兆嘉祥」

こし餡を団子生地で包み、道明寺をあしらった歳時菓子。節供の起こりにちなみ染飯(そめいい)を亀甲に見立てた一品。6月16日限定販売です。

20130614_wagashi_7.jpg


6月限定。6月30日に食べる和菓子「水無月」

6月にはいると和菓子屋さんでみかける「水無月」は、6月に京都で夏の疫病、水の災厄を除くために行われる神事「夏越大祓」にあわせて、6月30日に夏の邪気払いのために食べるお菓子です。

20130614_wagashi_5.jpg

氷のように美しい、三角形の白いういろうの上に、小豆がのっているもの。水無月を三角形に切るのは氷を表し、小豆には「厄払い」の意味が。


お盆にお供えする和菓子は?

お盆にお供えする和菓子は、一般的に、暑い夏でも長くもつものを選びます。蓮の葉や花をかたどった色とりどりの落雁や、地域によっては、お団子・おはぎ・お餅などをお供えすることも。


おいしくいただくための保存方法

和菓子の多くは、冷蔵庫で保存すると固くなってしまいます。お餅、大福、最中、どら焼き、生菓子などは、当日か翌日までにいただくのがベストですが、食べきれない場合は、風味が落ちる前に冷凍保存しておくのと、一定期間おいしさを保つことができます。

冷凍する時のポイントは、なるべく早く冷凍すること。また、解凍後は品質の劣化が早いので、できるだけ早く食べましょう!


他にも、和菓子の記念日はたくさん!

6月16日の「和菓子の日」以外にも、和菓子にちなんだ記念日がいくつかあります。

4月4日「どら焼きの日」
9月9日「栗きんとんの日」
10月31日「ぜんざいの日」
毎月1日「小豆の日」
毎月3、4、5日「みたらし団子の日」
毎月15日「お菓子の日」など

和菓子の記念日は、四季折々の和菓子とともに、そこに表現されている季節のうつろい・日本の歳時・文化を体感する日。今週末「和菓子の日」は、厄除けや健やかな暮らしを願いつつ、「嘉祥菓子」を味わいたいと思います!

(神森真理子)

6月16日は「和菓子の日」。厄よけを願って食べたい嘉祥菓子

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。