1. Home
  2. BODY
  3. グルテンフリーダイエットで美肌&集中力アップ!?

グルテンフリーダイエットで美肌&集中力アップ!?

グルテンフリーダイエットで美肌&集中力アップ!?

photo by Thinkstock/Getty Images

欧米で話題になっている「グルテンフリーダイエット」。小麦やライ麦、大麦に含まれるタンパク質の一種「グルテン」を抜くダイエット法で、ミランダ・カーや歌手のマイリー・サイラス、クリントン元大統領ファミリーなど、多数のセレブが実践していることから注目を集めています。

集中力もアップする!? グルテンフリーダイエットの特徴

他のダイエット法と違うのは、単に体重が落ちるだけでなく、肌がキレイになって、集中力がアップするという点。グルテンを摂取すると腸が炎症を起こして肌荒れに結びついたり、血糖値が急激に上下する影響でカラダがだるくなったり、精神的に不安定になってしまいがちなんだとか。

そもそも、このグルテンフリーダイエットは、グルテンアレルギーの患者が行なっていた食事療法。試しにグルテンを抜いてみたら体調や精神状態が良くなるケースが多かったことから世界中に広まったと言います。

日本では聞きなれないグルテンアレルギーですが、アメリカでは現在、約133人にひとりが重度のグルテンアレルギーであるセリアック病、約20人にひとりがグルテン過敏症なのだそう。グルテンがやっかいなのは、中毒性があること。食べれば食べるだけ食欲を刺激し、もっと食べたくなってしまうと言います。

実は私も思い当たることがあるのですが、あなたはどうですか?

4個以上あてはまるNG!? グルテン依存症診断

・朝はご飯よりパンを食べたい
・食事をパスタやラーメンなど、一品だけで済ませがち
・メニューに迷ったときは麺類を選ぶことが多い
・ケーキやドーナツなどの流行スイーツは必ず試す
・話題のイタリアンレストランはチェックする
・おいしいパン屋情報には自信がある
・パンケーキブームは正直、嬉しい
・外食では和食やアジア料理より洋食のほうが好き
・お好み焼き、たこ焼き、うどん。粉ものに目がない
グルテンフリーダイエットの方法はいたってシンプル。単純にグルテンをカットすればいいのです。でも、何にグルテンが入っているのかわからないという場合は、元ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コンサルタントを務めていたエリカ・アンギャルさんの新著「グルテンフリーダイエット」(ポプラ社)を参考にしては?

エリカさん自身、15年前から実践していた方法だというだけあって、食事のアドバイスがわかりやすくまとめられていますよ。

おりはらやすこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン