1. Home
  2. EAT
  3. 朝食は起きてから1時間以内に! ダイエットがはかどる食事時間とカロリー

朝食は起きてから1時間以内に! ダイエットがはかどる食事時間とカロリー

3,958

朝食は起きてから1時間以内に! ダイエットがはかどる食事時間とカロリー

image via shutterstock

ダイエットをするときに、食べる量や内容に気を取られて、「いつ食べるの?」というのをあまり気にしていませんでした。気をつけていたのは、せいぜい「寝る直前に食べるのは良くない」くらい......。

でも食事は、体温や血糖値のほか、代謝にも影響があるので、食べるタイミングに気をつけることが効果的にダイエットを進めるコツなんです。そこで、何時にどれくらいの量を食べるといいのかを、朝6時半に起きたと仮定して、「POPSUGAR」を参考に時系列でご紹介します!

朝食を摂る時間:7時

朝食は、朝起きて1時間以内がベスト。代謝をきちんとあげるために、朝食は必ず食べるようにします。1日の摂取カロリーの25パーセント程度(目安は300〜400kcal)を摂取。

午前のおやつを摂る時間:9時半

朝食から2〜3時間後に何かつまみます。これは、血糖値を安定させるためと、お腹が空きすぎて昼食に過食をしないようにするため。ここでは150kcal以下におさえて。

昼食を摂る時間:12時半

昼食は、朝のおやつから2〜3時間後に食べます。一日のうちでいちばんボリュームのある食事を。一日の摂取カロリーの40パーセント(目安は600〜700kcal)をここでとります。

午後のおやつを摂る時間:15時半

昼食から2〜3時間後も午前中と同じように何かつまみます。ここでも150kcal以下で。

夕食を摂る時間:18時半

午後のおやつから2〜3時間後に夕食をとるのがベスト。残るカロリーの25パーセント(目安は300〜400kcal)を摂取します。寝る2〜3時間前には食べ終わるように。寝る直前に食べるのは、体温や血糖値の上昇、インスリンの過剰分泌、胸焼けがおこるほか、セロトニンの分泌をも阻害してしまうので不眠にもつながります。

ポイントは「お腹をすかせすぎない」「一度にたくさん食べない」ということ! ダイエットをしていない人にとっても、規則正しい食事は健康につながります。ウィークデーは仕事の都合でなかなか難しいかもしれませんが、意識してみるだけでも変わるはず。

POPSUGAR

杉本真奈美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 半年で体型を戻せたセレブが実践! 筋トレ動画をトレーナーが公開

    2. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 自己肯定感を上げるのに、一緒にいるとよい人ってどんな人?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    9. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン