1. Home
  2. EAT
  3. ニューヨークから被災地支援! レアな東北伝統食材に舌鼓

ニューヨークから被災地支援! レアな東北伝統食材に舌鼓

太田あや

ニューヨークから被災地支援! レアな東北伝統食材に舌鼓

20130420tofu_1.jpg日本人よりも日本のことに詳しい外国人に会うと、驚かされることがあります。ニューヨークで東北の食材を紹介するイベントを開催そんな外国人による、日本食のイベントがニューヨークで開催されました。それが、とんぶり、ジュンサイ、干菊、いぶりがっこ、棒鱈、しょっつる......日本でもなかなか口にしないような、伝統的な東北の食材や料理を紹介するセミナー&試食会「東北からのレシピ(A Taste of Tohoku)」。ニューヨーカーが、日本食を世界へ発信!講師は料理研究家のエリザベス・アンドウ氏(生粋のニューヨーカーで、安藤はご主人の姓)。エリザベスさんは大学卒業後、日本へ渡り、柳原料理教室で日本料理を習得。これまでに日本食に関する本を5冊執筆、そのすばらしさを世界各国に向けて発信しています。20130420ny_2.jpg東日本大震災が起こったとき、東京にいたというエリザベスさん。その混乱を目の当たりにする中で「東北のために何かしたい」と思い立ち、東北の伝統的な食材や料理を研究し「希望(KIBO Booming with Hope: Recipe & Stories from Japan's Tohoku)」というEブックにまとめました。本の収益の一部は復興支援のために寄付されています。また、このイベントを開催した日米交流団体「ジャパン・ソサエティー」でも、これまでに1,312万ドル以上の寄付を集め、被災地で活動するNGOの活動資金に充てています。このイベントに参加した多くの人が「和食に興味があるけれど、復興支援につながることがうれしい」とコメント。震災から2年以上経った今も、こうやって海外からの支援がさかんに行われていることに、感謝の気持ちでいっぱいです。ここで、この本に掲載されているレシピをひとつ紹介します。
松の実白和え(Pine Nut Tofu Sauce)レシピ(c)Elizabeth Andoh<材料> ・豆腐:1/4~1/3パック・松の実:1/4~1/3カップ・塩:ひとつまみ・みりん:少々・リンゴ:小1個、角切り・アプリコット、クランベリー、ブルーベリーなどのドライフルーツや柿など、粗く刻んで1カップ分<作り方>(1) 豆腐を約1分間ゆでる。松の実はこんがりと焼き色がつくまで炒める(2)フードプロセッサーに豆腐と松の実を入れてなめらかにし、みりんと塩で味を調える(3)食べる直前に(2)のソースと果物を和えて、出来上がり!
伝統的な和食レシピに、米国で馴染みのある食材を組み合わせていて、逆に日本人には新鮮。ぜひ試してみたいアイデアです。photo by Thinkstock/Getty Images(太田あや)

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Buy

      • Kibo ("Brimming with Hope"): Recipes and Stories from Japan's Tohoku
      • Elizabeth Andoh|Ten Speed Press
      • by Amazon.co.jp

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら