1. Home
  2. MIND
  3. コンディショナーをすぐに洗い流さないのはNG! 正しい洗髪方法

コンディショナーをすぐに洗い流さないのはNG! 正しい洗髪方法

3,735

コンディショナーをすぐに洗い流さないのはNG! 正しい洗髪方法

20130324shampoo_01.jpg季節の変わり目やホルモンの関係で、抜け毛が増えたり、ツヤがなくなったりと、髪の悩みはつきません。少しでも改善させたいと、毎日行っていることだけど、全く意識していなかった正しい髪の洗い方について調べてみました。参考にしたのは、ロンドンとニューヨークに毛髪専門クリニックを開き、髪の健康を考えたプロダクツを開発しているPhiip Kingsleyのサイトに載っていた洗髪の基本。正しい洗髪方法を知っているのと知らないのでは髪の健康に大きな違いがでるそうです。
髪に優しい洗髪のコツと流れ(1)シャンプー前熱すぎない温度の水で、髪を手ぐしで梳きながら隅々まで十分に頭部を湿らせます。全体に水が行き渡ることが重要。無意識にやっている行為ですが、実は洗髪の上での大事なステップです。(2)シャンプーシャンプー剤を手のひらで泡立たせてから、髪全体に優しくつけます。髪が絡まらないように頭部の前から後ろに向かって、指先で軽くこねるように頭皮を30秒間マッサージします。シャンプー剤を直接つけたり、ごしごし乱暴に髪をこするのはNG!(3)シャンプーのすすぎ十分にシャンプー剤が落ちたな、と思ったところで、もう一度すすぐのがポイント。髪の艶が衰えるのはシャンプー剤が残っていることが原因だそう。(4)コンディショナー少量を毛先を中心に髪全体につけます。この時、毛根近くにはコンディショナーをつけないように注意! そして、つけたコンディショナーは時間をおくことなく、すぐに洗い流します。
より浸透させるために、コンディショナーをすぐに洗い流さないのは無意味だそうです! 髪にいいものだと思って時間をおく派だったので、この情報は目からウロコでした。また、髪の健康には、頭皮に刺激を与えて活性化させることが大事。そのためにはコンディショナーの後にトニックをつけるといいらしいです。そんなスカルプトニックは、ハーブを使えば簡単に作れます。トニックの作り方もご紹介します。
10分ちょいでできる! 自家製スカルプトニックの作り方<材料>乾燥ローズマリー:15〜20g/水:700ml<作り方>沸騰した水にローズマリーを入れて、10分間弱火で抽出させて冷めたらできあがり。コットンにつけて、洗髪後の髪の根元全体につけます。洗い流す必要はなし!
女性にとって髪は命。誤った洗髪方法でダメージを与えないように、日頃から気をつけたいですね。[Phiip Kingsley,Rosemary Hair Tonic]photo by Thinkstock/Getty Images(びねくにこ)

びねくにこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 筋肉と一緒に心も鍛える! 筋トレで元気になる理由

    2. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    3. 有名女優もやめた過酷なダイエット。かわりに効果が出たのは......

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 猫背になるのは筋トレ不足!? 筋トレがもたらす4つの健康メリット

    1. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 胃腸の調子が悪いときに。レンジで作る、簡単茶碗蒸し

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    1. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 炭水化物は賢く摂る。ダイエット成功の近道4つ