20130324shampoo_01.jpg

季節の変わり目やホルモンの関係で、抜け毛が増えたり、ツヤがなくなったりと、髪の悩みはつきません。少しでも改善させたいと、毎日行っていることだけど、全く意識していなかった正しい髪の洗い方について調べてみました。

参考にしたのは、ロンドンとニューヨークに毛髪専門クリニックを開き、髪の健康を考えたプロダクツを開発しているPhiip Kingsleyのサイトに載っていた洗髪の基本。正しい洗髪方法を知っているのと知らないのでは髪の健康に大きな違いがでるそうです。

髪に優しい洗髪のコツと流れ

(1)シャンプー前
熱すぎない温度の水で、髪を手ぐしで梳きながら隅々まで十分に頭部を湿らせます。全体に水が行き渡ることが重要。無意識にやっている行為ですが、実は洗髪の上での大事なステップです。

(2)シャンプー
シャンプー剤を手のひらで泡立たせてから、髪全体に優しくつけます。髪が絡まらないように頭部の前から後ろに向かって、指先で軽くこねるように頭皮を30秒間マッサージします。シャンプー剤を直接つけたり、ごしごし乱暴に髪をこするのはNG!

(3)シャンプーのすすぎ
十分にシャンプー剤が落ちたな、と思ったところで、もう一度すすぐのがポイント。髪の艶が衰えるのはシャンプー剤が残っていることが原因だそう。

(4)コンディショナー
少量を毛先を中心に髪全体につけます。この時、毛根近くにはコンディショナーをつけないように注意! そして、つけたコンディショナーは時間をおくことなく、すぐに洗い流します。

より浸透させるために、コンディショナーをすぐに洗い流さないのは無意味だそうです! 髪にいいものだと思って時間をおく派だったので、この情報は目からウロコでした。

また、髪の健康には、頭皮に刺激を与えて活性化させることが大事。そのためにはコンディショナーの後にトニックをつけるといいらしいです。そんなスカルプトニックは、ハーブを使えば簡単に作れます。トニックの作り方もご紹介します。

10分ちょいでできる! 自家製スカルプトニックの作り方

<材料> 乾燥ローズマリー:15〜20g/水:700ml

<作り方>
沸騰した水にローズマリーを入れて、10分間弱火で抽出させて冷めたらできあがり。コットンにつけて、洗髪後の髪の根元全体につけます。洗い流す必要はなし!

女性にとって髪は命。誤った洗髪方法でダメージを与えないように、日頃から気をつけたいですね。

[Phiip Kingsley,Rosemary Hair Tonic]

photo by Thinkstock/Getty Images

(びねくにこ)