1. Home
  2. MIND
  3. 疲れの原因は「座る」ことかも! 身体に負担をかけない座り方

疲れの原因は「座る」ことかも! 身体に負担をかけない座り方

2,490

疲れの原因は「座る」ことかも! 身体に負担をかけない座り方

20130322beauty_01.jpg忙しく仕事に追われる日々の中で、気づいたら一日のほとんどを座って過ごしていた!なんてことがあります。デスク仕事やミーティングはもちろん、ソファでくつろいだり、映画や舞台を鑑賞したり、友人とカフェでおしゃべりするのも、実は身体に負担がかかっているのです。動物から進化して二足歩行になり、狩りや農業をしていた人間の体にとって一番基本的な姿勢は、二本足で立っている状態。しかし、テレビやパソコン、デスク業務、また車や飛行機での移動の多い現代人は平均で一日9.3時間座っていて、平均睡眠時間の7.7時間を上回ります。長時間座るのは肥満や心臓病につながるだけでなく、膝が曲がった状態の足には血栓ができやすくなり、「座る」という現代の習慣は、寿命を縮めると言われています。ヨガやダンスで頻繁に身体を動かしている私も、連続してパソコンに長時間向かい続けたために首に激痛を伴う炎症が起きる「頸椎椎間板症」になったことがあります。では、身体に負担をかけないキレイな座り方とはどういったものでしょうか。キレイな座り方の見本を見つけたので、ご紹介いたします。
意識するだけで変えられるキレイな座り方20130320suwaru_02.jpg(1)マウスやキーボードはなるべく自分から遠くの場所に設置する。肘や腕をデスクに置いて使うことで、肩や首への負担が減ります。(2)モニターは台に置くなどして、目線と合った位置に置く。下を向いてスクリーンを見続けていると(特にノートパソコン)、首の前方の筋肉が縮まったり、頸椎を痛めることになります。(3)椅子には深く腰掛けて、背もたれを使用する。これで背筋の負担が減ります。丹田(おなかの中心)を意識するだけでも、背中は自然に伸びます。腕は約90度に曲げ、肘や腕をリラックスさせましょう。(4)脚は前方に出すか、床に直角に。届かなければ踏み台を置く。足は両足そろえて床に置きます。女性がセクシーに見える脚を組むのも骨盤のゆがみが起き、足を交差させて椅子の下に置くのも、背中が反り、股関節の筋肉が縮んでしまいます。
オフィスでも自宅でも、長時間座り続ける場合は最低でも1時間に1回は立ち上がって歩けば、身体の負担も減ります。水分をたくさんとることで、トイレに立ち上がりやすくなり、新陳代謝もアップするので、おすすめです。時間がなくてランチもデスクで食べる場合は、少しでも座る姿勢をリラックスし(身体とふとももの角度が135度になるような姿勢)、パソコンを観ないなどしてみましょう。また、立ち上がってストレッチをしたり、オフィスの中でもできるだけ歩いたり階段を利用してみましょう。仕事で座る時間がどうしても長い場合は、電車の中では座らないことで一日の座る時間が減ります。疲れていると、つい座ってしまいますが、実は座っていることこそが疲れの原因かもしれません。ひとつしかない自分の身体だからこそ、大事に付き合っていきたいです![Positive Med,How Much Sitting is Too Much?,Sitting Pretty,Medical Billing and Coding,Sitting is Killing You]photo by Thinkstock/Getty Images(山縣美礼)

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら