1. Home
  2. ニューヨークから逆輸入! 作ってみたい味噌レシピ

ニューヨークから逆輸入! 作ってみたい味噌レシピ

ニューヨークから逆輸入! 作ってみたい味噌レシピ

20130304nymiso_1.jpg「日本食文化って本当にすばらしい!」と誇りに思えるようなイベントがニューヨークで開催されました。全米最大の規模を誇る日米交流団体「ジャパン・ソサエティー」によるセミナーと試食会「味噌の力(The Power of Miso)」です。240名もの来場者があり、会場はほぼ満席。ニューヨーカーの日本食文化や味噌に対する関心の高さが伺えました。まずはローレンス・クシ博士による講義。博士はマクロビオティックの権威・久司道夫先生のご子息で、がん予防や栄養の専門家で、味噌をはじめとした発酵食品も推進されています。味噌や大豆の摂取量とがん発症率の関連性についてお話しになったときは、会場からどよめきが起きました。次に行なわれたのが、旬で新鮮な食材をふんだんに使ったシンプルな料理で評判の「VITAE」のオーナーシェフ、エドウィン・ベランコ氏による料理のデモンストレーション。ニューヨークでおなじみの食材と日本の伝統調味料を組み合わせた料理を紹介し、試食会も行われました。20130304nymiso_2.jpgここで、参加者が大絶賛した「ふだん日本食はレストランで食べたりスーパーで買ってきたりするだけ。でも、これはぜひ作ってみたい!」というレシピをご紹介します。
レッド・ミソ・グレイズ・サーモン(Red Miso Glaze Salmon)<材料(4人分)>赤味噌:1オンス(約29ml)みりん:2オンス(約58ml)ごま油:小さじ2砂糖:1/4オンス(約7g)サーモン:4切れ<作り方>(1)赤味噌、みりん、ごま油、砂糖をボウルに入れ混ぜ合わせます(2)(1)にサーモンを漬け込み、最低2時間~24時間程度、冷蔵庫でマリネします(3)(2)をオーブンやグリルでこんがり焼いて出来上がり!
このイベントをスポンサーしたのは、日本でおなじみのマルコメみそ。アメリカでは、米国人にもっと味噌を気軽に楽しんでもらうために開発した「Miso & Easy」という商品が人気です。これを使えば、簡単に味噌スープやドレッシング、ソースなどを作ることができます。日本で大ブームの塩糀や醤油糀も、アメリカでだんだん広まってきています。日本の食文化はアメリカでも受け入れられるほど素晴らしいものだ、と実感しました![ジャパン・ソサエティー,マルコメみそphoto by Thinkstock/Getty Images
text by太田あや(Aya Ota)ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    6. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Buy

      • みそ汁をもっと美味しく! かんたんレシピ 便利な計量味噌マドラー付き
      • 世界文化社
      • by Amazon.co.jp

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら