1. Home
  2. ニューヨークから逆輸入! 作ってみたい味噌レシピ

ニューヨークから逆輸入! 作ってみたい味噌レシピ

ニューヨークから逆輸入! 作ってみたい味噌レシピ

20130304nymiso_1.jpg「日本食文化って本当にすばらしい!」と誇りに思えるようなイベントがニューヨークで開催されました。全米最大の規模を誇る日米交流団体「ジャパン・ソサエティー」によるセミナーと試食会「味噌の力(The Power of Miso)」です。240名もの来場者があり、会場はほぼ満席。ニューヨーカーの日本食文化や味噌に対する関心の高さが伺えました。まずはローレンス・クシ博士による講義。博士はマクロビオティックの権威・久司道夫先生のご子息で、がん予防や栄養の専門家で、味噌をはじめとした発酵食品も推進されています。味噌や大豆の摂取量とがん発症率の関連性についてお話しになったときは、会場からどよめきが起きました。次に行なわれたのが、旬で新鮮な食材をふんだんに使ったシンプルな料理で評判の「VITAE」のオーナーシェフ、エドウィン・ベランコ氏による料理のデモンストレーション。ニューヨークでおなじみの食材と日本の伝統調味料を組み合わせた料理を紹介し、試食会も行われました。20130304nymiso_2.jpgここで、参加者が大絶賛した「ふだん日本食はレストランで食べたりスーパーで買ってきたりするだけ。でも、これはぜひ作ってみたい!」というレシピをご紹介します。
レッド・ミソ・グレイズ・サーモン(Red Miso Glaze Salmon)<材料(4人分)>赤味噌:1オンス(約29ml)みりん:2オンス(約58ml)ごま油:小さじ2砂糖:1/4オンス(約7g)サーモン:4切れ<作り方>(1)赤味噌、みりん、ごま油、砂糖をボウルに入れ混ぜ合わせます(2)(1)にサーモンを漬け込み、最低2時間~24時間程度、冷蔵庫でマリネします(3)(2)をオーブンやグリルでこんがり焼いて出来上がり!
このイベントをスポンサーしたのは、日本でおなじみのマルコメみそ。アメリカでは、米国人にもっと味噌を気軽に楽しんでもらうために開発した「Miso & Easy」という商品が人気です。これを使えば、簡単に味噌スープやドレッシング、ソースなどを作ることができます。日本で大ブームの塩糀や醤油糀も、アメリカでだんだん広まってきています。日本の食文化はアメリカでも受け入れられるほど素晴らしいものだ、と実感しました![ジャパン・ソサエティー,マルコメみそphoto by Thinkstock/Getty Images
text by太田あや(Aya Ota)ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Buy

      • みそ汁をもっと美味しく! かんたんレシピ 便利な計量味噌マドラー付き
      • 世界文化社
      • by Amazon.co.jp

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら