1. Home
  2. STYLE
  3. NYに春が来た! 1年のうち8か月もあるサマータイム

NYに春が来た! 1年のうち8か月もあるサマータイム

NYに春が来た! 1年のうち8か月もあるサマータイム

20130301ny_1.jpg冬が永く、まだまだ寒いニューヨークですが、「春が来た!」と実感するのが、「Daylight Saving Time(デイライト・セービング・タイム)」、いわゆるサマータイムの始まりです。3月第2日曜日になったら(今年は3月10日からサマータイム開始)、みんな一斉に時計を1時間早めるのですが、いきなり太陽の出ている時間が長くなりますので、否が応でも春を実感します。サマータイムの始まりは資源節約が目的アメリカでは、資源節約を目的に、第一次世界大戦時からこの制度を実施してきました。2007年に「包括エネルギー法案」が可決され、前後2週間ずつ追加になり、合計4週間延びました。その結果、3月第2日曜日から11月第1日曜日まで、つまり1年のうち8か月間もサマータイムが採用されているのです。サマータイムを導入すると、明るい時間が1時間増えるので、省エネに貢献すると言われています。たしかに、全米のオフィスが1時間早く電気を消したら、すごい省エネになりそう!また、経済や産業にも好影響があり、人々のゆとりあるライフスタイルや犯罪率の低下などにも貢献する、と言われています。実際、ニューヨーカーたちは、明るい時間に仕事が終わるので、セントラル・パークでピクニックをしたり、アウトドアテラスでディナーを楽しんだり、ルーフトップバーでくつろいだり......と、家族や友人たちとゆったり贅沢な時間を楽しみます。日本でサマータイムが定着しない理由日本では、第二次世界体制後に連合軍により占領統治されていた時代に導入されました。しかし、「日本は湿度が高いので帰宅後の冷房需要が高い」、「日本は南北に長いので日の出・日の入り時間に格差があり、一律の導入は難しい」、「日本周辺の国は導入していないので欧米に合わせる必要性が薄い」などの理由で廃止されたそうです。最近では、福島原発問題後の節電対策として議論が再燃したようですが、なかなか実施には至らないようです。「明るい時間が増えても残業が増えるだけ」、「体調が崩れる」、「通勤時間の交通に混乱が生じる」などの意見も多く、日本人の勤勉な国民性にはなかなか馴染まないのかもしれません。サマータイムのスタートと同時に、日本でも環境問題だけでなく、過剰労働や豊かなライフスタイルを見直すよいきっかけなれば、と思います!photo by Thinkstock/Getty ImagesDaylight Saving Time Around the World 2013,サマータイムパーフェクトナビ
text by太田あや(Aya Ota)ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら