1. Home
  2. STYLE
  3. NYに春が来た! 1年のうち8か月もあるサマータイム

NYに春が来た! 1年のうち8か月もあるサマータイム

NYに春が来た! 1年のうち8か月もあるサマータイム

20130301ny_1.jpg冬が永く、まだまだ寒いニューヨークですが、「春が来た!」と実感するのが、「Daylight Saving Time(デイライト・セービング・タイム)」、いわゆるサマータイムの始まりです。3月第2日曜日になったら(今年は3月10日からサマータイム開始)、みんな一斉に時計を1時間早めるのですが、いきなり太陽の出ている時間が長くなりますので、否が応でも春を実感します。サマータイムの始まりは資源節約が目的アメリカでは、資源節約を目的に、第一次世界大戦時からこの制度を実施してきました。2007年に「包括エネルギー法案」が可決され、前後2週間ずつ追加になり、合計4週間延びました。その結果、3月第2日曜日から11月第1日曜日まで、つまり1年のうち8か月間もサマータイムが採用されているのです。サマータイムを導入すると、明るい時間が1時間増えるので、省エネに貢献すると言われています。たしかに、全米のオフィスが1時間早く電気を消したら、すごい省エネになりそう!また、経済や産業にも好影響があり、人々のゆとりあるライフスタイルや犯罪率の低下などにも貢献する、と言われています。実際、ニューヨーカーたちは、明るい時間に仕事が終わるので、セントラル・パークでピクニックをしたり、アウトドアテラスでディナーを楽しんだり、ルーフトップバーでくつろいだり......と、家族や友人たちとゆったり贅沢な時間を楽しみます。日本でサマータイムが定着しない理由日本では、第二次世界体制後に連合軍により占領統治されていた時代に導入されました。しかし、「日本は湿度が高いので帰宅後の冷房需要が高い」、「日本は南北に長いので日の出・日の入り時間に格差があり、一律の導入は難しい」、「日本周辺の国は導入していないので欧米に合わせる必要性が薄い」などの理由で廃止されたそうです。最近では、福島原発問題後の節電対策として議論が再燃したようですが、なかなか実施には至らないようです。「明るい時間が増えても残業が増えるだけ」、「体調が崩れる」、「通勤時間の交通に混乱が生じる」などの意見も多く、日本人の勤勉な国民性にはなかなか馴染まないのかもしれません。サマータイムのスタートと同時に、日本でも環境問題だけでなく、過剰労働や豊かなライフスタイルを見直すよいきっかけなれば、と思います!photo by Thinkstock/Getty ImagesDaylight Saving Time Around the World 2013,サマータイムパーフェクトナビ
text by太田あや(Aya Ota)ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>
    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた