1. Home
  2. STYLE
  3. セクシーにもエレガントにもなれる! 伝統の技を伝える最新エシカルスタイル

セクシーにもエレガントにもなれる! 伝統の技を伝える最新エシカルスタイル

セクシーにもエレガントにもなれる! 伝統の技を伝える最新エシカルスタイル

その土地にある素材で、その土地に最も適したかたちで進化してきた伝統技術は、文化そのもの。エシカルファッションのカテゴリーに、伝統技術保全というのが含まれているのは、人が長年積み重ねてきた文化と歴史を失うのはあまりにも残念なことだから。今回は、知性あふれる女性になれる!オトナ世代におすすめの伝統という本物のエレガンスを持ちながら、モダンなエッジのきいたブランドをご紹介致します!アフリカンジュエリーに注目!「Made」&「Ombre Claire」20130219efjMade_2.jpgセクシーにいくなら、じつにファッションコンシャスなジュエリーを作る「Made」。マサイ族の伝統的な彫金技術、ステンドグラス、レザーなど、さまざまな東アフリカの熟練職人を雇用し、ケニアで採れる半貴石やリサイクルのガラスや木材、副産物の骨類や皮革素材を使用しています。そのファッション性はエシカルブランドの中でも特に高評価。LOUIS VUITTON、TOMMY HILFIGER、TOPSHOP、ASOSなど大手ブランドからコラボのラブコールが後を絶ちません。お値段も12.00ポンドからととてもお買い得です。20130219efjOmbreClaire_3.jpgキュートにいくなら、「Ombre Claire(オンブルクレール)」(フランス語のみ)。ニジェールの伝統的な銀職人とコラボするフランス発のジュエリーブランドです。こちらのブランドはケニアで語り継がれたお伽話や民話をモチーフにしたデザイン。文化のエッセンスがぎゅっとつまったシンプルでかわいらしいアイテムは日本ではユナイテッド アローズ系列のショップで取り扱いがあります。世界の伝統技術を受け継ぐハイファッション「MAIYET」20130219efjMAIYET_2.jpg南米コロンビア、インドネシア、インド、イタリア、ケニア、モンゴル、ペルー......世界の伝統的な技術を受け継いでいくべく立ち上がったブランドが「MAIYET」。2012年からパリコレに参加しています。NESTという伝統技術の職人に雇用を創出するNPOと提携し、世界の職人とのコラボを実現しています。特筆すべきはテキスタイル。伝統の染め・織りというと、ゴワゴワしていたり色が合わせにくかったりと、ちょっとやぼったい......なんてイメージがありますが、MAIYETのテキスタイルはいっさいそんなことないのが素敵!伝統×モダン! 世界に発信する国産ブランド「araisara」20130219efjaraisara_1.jpg伝統技術をモダンに昇華させることで、東京コレクションで高い評判を受けて注目を集めていた「araisara」がついに世界に飛び立った昨年。デビューコレクションは、全体的に黒をベースにした落ち着いた雰囲気で、シルエットはすっきりとシンプル。同ブランドで最も重視される素材。染め・織りの職人たちといっしょに、これまでやったことがない方法を取り入れながら技術に進化をもたらしています。ちょっと着こなしにくいかな?と思うアイテムでも、身につければ不思議と体に馴染み、手持ちの服と合わせやすいというのがaraisaraマジック。オトナ世代のマイロハス読者にはぜひ挑戦してみてほしい! SHOP DATA>>伝統技術を受け継ぐ職人さんたちは高齢を迎える方も少なくありません。後継者不足が深刻に叫ばれているのは、日本も海外もいっしょ。しかも、環境の変化も作用します。例えば、伝統の染めには天然の草木を用いますが、土質・水質が変化して、同じように染めのレシピを配合しても、前と同じような色味にならないことも。手間と時間をかけて作られたものをじっくり味わうことで、性急に消費する今までの消費生活を見なおしてみるきっかけになります。知的にファッションを楽しむ第一歩にこれらのブランドをぜひチェックしてみて!
text by Hitomi ITOito.jpg1987年広島生まれ。在学中より国際協力関係のNGOやベンチャーでインターンなどを行う。卒業後は編集者として専門書を手がける。2010年からイギリスの媒体を中心に日本・海外のエシカルファッションについて寄稿を始め、2012年、「Ethical Fashion Japan」エディターに。
    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?