1. Home
  2. 出産未経験ですが、じつは最近「痔」で悩んでいます......

出産未経験ですが、じつは最近「痔」で悩んでいます......

出産未経験ですが、じつは最近「痔」で悩んでいます......

」は男性の病気、と思われがちですが意外と女性にも多いのです。どんな女性に多いか、というと冷え性、便秘症、運動不足、胃下垂の方。痔というのは、結局のところ血行不良が原因です。なので、長く同じ姿勢でいたり冷房にさらされたりして冷えている人は、そのリスクが高まります。しっかり下半身を温めるように半身浴をしたり、軽い運動やウォーキングで血の廻りを良くする対策が必要です。運動の中でもくいしばるような運動は、今は避けましょう。硬い便を出すときに肛門が切れて切れ痔になったり、長いあいだいきむことでいぼ痔を作ってしまったり、と、便秘もまた痔リスクにつながります。これは、食べ物でセルフケアを。なるべく繊維質のものを食べるのと同時にオリゴ糖を取ると便秘の人でもツルリと出ますよ運動不足などで骨盤底筋群が衰えていると、内臓を支えきれなくて尿漏れや痔になる女性も多いですね。産後ママの悩みにも多いパターンです。これは、骨盤底筋トレーニングが有効です。姿勢を正して座り、肛門・膣・尿道を意識して各10秒ずつ順に締めて行きます。これを、椅子に座るたびにやってみてください。20130218hip_2.jpg最後に胃下垂。これと骨盤底筋の衰えが一緒になると厄介です。胃下垂は腸下垂、子宮下垂につながり、そうなるとすべての内臓下垂は、骨盤に集約されてしまいます。痔だけでなく、直腸脱・子宮脱などのリスクも高まるので、ぜひ、セルフケアをしてください。これには、ヨガの「肩立ちのポーズ」(右写真)がおすすめです。今回ご紹介した解決策は、いずれも血行を促す効果があります。これに加えて、ストレス緊張状態を続けないことも大切です。心がストレスを感じると、体の末端の血流が絞られてしまうからです。地味にわずらわしい病気「痔」。お薬を塗っても手術をしても、原因が解消されないと、繰り返すと言われています。来るべき出産に備え、これを機会に自分のタイプにあった血流改善に取り組んでみてはいかがでしょう?photo by Thinkstock/Getty Images
hba_banner_b.jpgホリスティックビューティ検定2級【申込受付中】福岡開催:2013年5月12日(日)午後※試験のみ東京開催:2013年7月6日(土)、7日(日)※講義アリ、または試験のみのいずれかを選択いただけます詳しくはこちら>>
text by 岸紅子(NPO法人日本ホリスティックビューティ協会代表理事)kishi01.jpg大学時代にホリスティック医療と出会い、多くの代替療法を研究。美容家としていち早く、ホリスティック(包括的)ビューティのメッセージを発信し、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会を設立。2010年秋から「ホリスティックビューティ検定」開始。トークショーをはじめ、雑誌・WEB・新聞・テレビ・ラジオなど、多くのメディアでも活躍中。オフィシャルブログ>>NPO法人日本ホリスティックビューティ協会サイト>>

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?