1. Home
  2. 出産未経験ですが、じつは最近「痔」で悩んでいます......

出産未経験ですが、じつは最近「痔」で悩んでいます......

出産未経験ですが、じつは最近「痔」で悩んでいます......

」は男性の病気、と思われがちですが意外と女性にも多いのです。どんな女性に多いか、というと冷え性、便秘症、運動不足、胃下垂の方。痔というのは、結局のところ血行不良が原因です。なので、長く同じ姿勢でいたり冷房にさらされたりして冷えている人は、そのリスクが高まります。しっかり下半身を温めるように半身浴をしたり、軽い運動やウォーキングで血の廻りを良くする対策が必要です。運動の中でもくいしばるような運動は、今は避けましょう。硬い便を出すときに肛門が切れて切れ痔になったり、長いあいだいきむことでいぼ痔を作ってしまったり、と、便秘もまた痔リスクにつながります。これは、食べ物でセルフケアを。なるべく繊維質のものを食べるのと同時にオリゴ糖を取ると便秘の人でもツルリと出ますよ運動不足などで骨盤底筋群が衰えていると、内臓を支えきれなくて尿漏れや痔になる女性も多いですね。産後ママの悩みにも多いパターンです。これは、骨盤底筋トレーニングが有効です。姿勢を正して座り、肛門・膣・尿道を意識して各10秒ずつ順に締めて行きます。これを、椅子に座るたびにやってみてください。20130218hip_2.jpg最後に胃下垂。これと骨盤底筋の衰えが一緒になると厄介です。胃下垂は腸下垂、子宮下垂につながり、そうなるとすべての内臓下垂は、骨盤に集約されてしまいます。痔だけでなく、直腸脱・子宮脱などのリスクも高まるので、ぜひ、セルフケアをしてください。これには、ヨガの「肩立ちのポーズ」(右写真)がおすすめです。今回ご紹介した解決策は、いずれも血行を促す効果があります。これに加えて、ストレス緊張状態を続けないことも大切です。心がストレスを感じると、体の末端の血流が絞られてしまうからです。地味にわずらわしい病気「痔」。お薬を塗っても手術をしても、原因が解消されないと、繰り返すと言われています。来るべき出産に備え、これを機会に自分のタイプにあった血流改善に取り組んでみてはいかがでしょう?photo by Thinkstock/Getty Images
hba_banner_b.jpgホリスティックビューティ検定2級【申込受付中】福岡開催:2013年5月12日(日)午後※試験のみ東京開催:2013年7月6日(土)、7日(日)※講義アリ、または試験のみのいずれかを選択いただけます詳しくはこちら>>
text by 岸紅子(NPO法人日本ホリスティックビューティ協会代表理事)kishi01.jpg大学時代にホリスティック医療と出会い、多くの代替療法を研究。美容家としていち早く、ホリスティック(包括的)ビューティのメッセージを発信し、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会を設立。2010年秋から「ホリスティックビューティ検定」開始。トークショーをはじめ、雑誌・WEB・新聞・テレビ・ラジオなど、多くのメディアでも活躍中。オフィシャルブログ>>NPO法人日本ホリスティックビューティ協会サイト>>
    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた