1. Home
  2. STYLE
  3. インフルエンザにかからなかった! 冬に使いたいハーブ

インフルエンザにかからなかった! 冬に使いたいハーブ

インフルエンザにかからなかった! 冬に使いたいハーブ

20130208herb_1.jpgインフルエンザの流行が続いています。我が家も夫がかかってしまいましたが、家に常備してあるハーブの力を借りたおかげか比較的早く回復し、私はうつらずに乗り切りました! そこで、今回私が使用したおすすめのハーブをご紹介します!インフルエンザの特効薬、エルダーフラワーまず、欧米で「インフルエンザの特効薬」と呼ばれ、古くから親しまれているのがエルダーフラワー。エルダーフラワーは、発汗・利尿の作用が高く、血液循環を刺激して発汗を促し、身体の中の毒素を排出します。エルダーフラワーのエキスを含んだコーディアルもよく売っていますが、インフルエンザにかかってしまった時には、熱いハーブティーとして飲んだほうが、身体が温まって発汗を促し、熱を下げる助けになると思います。くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった花粉症の症状にもいいと言われているので、これからの季節、活躍してくれそう! クセのない味なので、他のハーブとブレンドしやすいのが◎。免疫力が高まるエキナセア免疫力を高めるハーブとして有名なエキナセアはハーブティーとして飲んでももちろん効果的なのですが、チンキ(植物からアルコールなどを使って 抽出した、濃縮エキス)もおすすめ。「エクレクティック エキナセア チンキ」は、エキナセアを飲みやすいシロップ状にしたもの。水やお茶などに溶かして使用します。家族や職場の同僚がインフルエンザにかかってしまって「うつりたくない!」というような緊急的な場合は、すぐに使えて便利です。予防策としては、強力な殺菌力を持つタイムのハーブティーでうがいをするという方法もおすすめです。身体にやさしいながらも、すぐれた薬効を持つハーブたち。インフルエンザが流行中のいまこそ、効果的に使って、元気に過ごしたいと思います!※エキナセア、ジャーマンカモミールはキク科のハーブなので、キク科アレルギーの方は摂取を避けてください。エンハーブphoto by Thinkstock/Getty Images
text by 中澤小百合nakaazawa_p.jpgビジネス系出版社を経て、フリーランスのライターに。会社員時代に酷使してしまった心と体を癒すべく、暮らしに取り入れた自然療法の魅力にはまり、現在はアロマ、ハーブ、フラワーエッセンス、各種セラピーに関する記事を主に執筆。ペット専門誌で犬のホリスティックケアや愛犬とのロハスな暮らしの提案も。日本メディカルハーブ協会認定ハーバルセラピスト。
    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!