1. Home
  2. SPORTS
  3. 筋トレは足を太く短くする!? いま、美しい足のために鍛えるべきは「バレエ筋」な理由

筋トレは足を太く短くする!? いま、美しい足のために鍛えるべきは「バレエ筋」な理由

4,817

筋トレは足を太く短くする!? いま、美しい足のために鍛えるべきは「バレエ筋」な理由

年齢とともに代謝が落ちて太りやすくなると聞き、「いままで通りじゃヤバイ!」と1日30回の腹筋、腕立て伏せ、スクワットをはじめた私。

ストイックに取り組む自分ってカッコイイ~、と悦に入っていたとき、「筋トレを行うと体が"太く短く"なる」という噂が! ダイエットのつもりだったのに、どうして?

足を長く美しく魅せるなら「バレエ筋」を鍛えるべき!

20130201brm_7.jpg一般的な筋トレは大腿四頭筋(太ももの前面)に筋肉がつき、足を太く、短く見せてしまいます」と話すのは、元バレリーナのメアリー・ヘレン・バウアーズさん(右写真)。じつは、映画「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンの役づくりの指導を行った方なんです。

スリムなのにしなやかで女性らしい"細くて長い"バレリーナ。その秘訣は余計な筋肉はつけずに「バレエ筋」を鍛えているからだそう。

「バレエ筋とは脚の後ろ側や内もも、ヒップ、上半身、背中、お腹、体幹など、鍛えることが難しいパーツ。そこに筋肉をつけるのではなくシェイプするためのアプローチをします。

バレエのポーズはつま先を外側に開くので骨盤が開き、この状態でプリエ(膝を外に曲げるスクワットのような動き)を行うと、脚の内側と外側が引き締まる。さらにお腹を引き入れ、胸を張ることで姿勢が良くなり、体幹がしっかりと安定。有酸素運動で体を引き締め、シェイプアップできます」と、メアリーさん。

数々のハリウッド女優からオファーが殺到中!

20130201brm_8.jpg「バレエ・ビューティフル」はバレリーナのトレーニングを一般向けにしたメソッド。「バレエ筋」はダンサーが体をホールドするための筋肉なので、猫背、仕事中に姿勢が悪くなってしまう人にもおすすめです。

リヴ・タイラーキーラ・ナイトレイなどへ指導を行いました。体づくりは彼女たちのキャリアになるものだし、バレリーナのようなエレガントな仕草も身につけられるの。体を痛めつけるのではなく、エレガント、優美であることは女性にとって大切。キルスティン・ダンストは「楽しい!」と言ってくれたわ」

仕事中は必死で、エレガントな立ち居振る舞いなんて考えたこともなかったかも......。女力アップもできて、一石二鳥ですね。

オフィスでできる! 猫背を治す5分ストレッチ

どんなに意識しても仕事中は猫背になりがち。オフィスでもできるワークの方法をメアリーさんに教えてもらいました。「16時以降は疲れて甘いものがほしくなるけれど、糖分は控えて、水を飲んだり歩いたり、このストレッチを行ってみてね」

(1)お腹を引き込んで背筋を伸ばし、肩を開く。(深呼吸をすると整いやすい) 20130201brm_6.jpg (2)腕を上げ、左右に倒し、脇をストレッチ。(左右行う) (3)さらに腕を背中側へ引き込み、肩周辺を伸ばす。視線は指先へ。(左右行う) 20130201brm_5.jpg (4)片足ずつ伸ばし、体を前屈させる。脚が伸びているのを意識

20130207bare_1.jpg週3日×3週間でバレリーナ体型に!

DVD「バレエ・ビューティフル」は、忙しい女性でもできるように1週間で合計3時間、3週間続けるだけで結果が出るようプログラムされています。毎日続けるのは大変だけど、時間があるときにまとめて行っても良いそう。

最後にメアリーさんから日本の女性にメッセージをいただきました。 「毎日仕事で忙しいと思うけれど、キャリアだけでなく夢を持って、女性らしさも磨いて。生まれ持った女性らしさを生かしてほしいと思っているわ」

ワークは決して楽ではありませんが、キラキラ輝くメアリーさんを見るだけでも美意識が高まります!

[バレエ・ビューティフル](DVD BOX) 発売:日本コロムビア株式会社 カーディオ・ワークアウト/エッセンシャル・ワークアウト XT-3254~3255/収録時間:約124分(予定) /5,040円(税込)/POS:4988001 737254 2012年アメリカ制作/日本語字幕 ※商品の仕様は変更になる場合があります

photo by Thinkstock/Getty Images

text by 松浦松子 matduda.jpg1983年の早生まれ。食・女性の健康をテーマに活動中のフリーライター・編集者。男性向けお色気雑誌を経て、自然療法専門誌『セラピスト』の編集者に。アロマ、オーガニックコスメ、占い、各種ヒーリングの取材を通じて体によい習慣を取り入れるようになる。リフレクソロジー、冷えとり健康法、マクロビオティック歴3年。趣味は全国の野球場を旅すること。「冷え取り・ゆるマクロビ実践中の健康ライターのブログ
    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由