1. Home
  2. STYLE
  3. 「好きな人とたくさん」石田衣良さんが憂う日本人のセックス事情

「好きな人とたくさん」石田衣良さんが憂う日本人のセックス事情

1,443

「好きな人とたくさん」石田衣良さんが憂う日本人のセックス事情

20130123ishida_1.jpg海外のコンドームメーカー「Durex(デュレックス)」の調査によると、日本は、年間のセックス回数が、世界26カ国中最下位で、年間48回。1位のギリシャは、164回。一方、経済協力開発機構(OECD)によると、日本人の労働時間は、世界2位の長さ。これに加え、残業時間が男女平等の傾向にあるのも日本の労働環境の特徴だそう。こんなデータを調べてみたくなったのは、石田衣良さんが書いた「sex」を読んだから。この本は、リアルなセックスの話が12編入った短編小説集。夜の街灯の下で、入院中の病室で、異国の地で......などの様々なセックスの描写は、電車の中で読んでいると恥ずかしくなってしまう内容ではありましたが、セックスについて真剣に考えたくなったのは、石田さんが書いた「あとがき」にありました。20130123ishida_3.jpg
日本では、セックスが時代遅れの冴えない悪徳として扱われ、不況と低成長の経済で、多くの人が、性から遠ざかってしまった。草食男子の増殖、未婚率の上昇などの事情も、セックスそのものを厭う時代に。そして、世界トップの残業時間を誇る日本が、同時に性交回数は、年間最少の貧しさを記録している。
※「sex」あとがきより抜粋
石田さんは、こういった状況を淋しく思い、「SEX」を書いたのだそう。彼いわく、「セックスは、肉体の一部の単純な往復活動ではなく、頭と心と身体のすべてが参加する全人的な行為で、生きものとしての人間人はなくてはならいもの」と話します。たしかに、セックスをするということは、相手に自分のすべてをさらけ出し、自分自身のすべてが相手に伝わる行為のように思えます。だからこそ、大切な人とすることに意味があるのだな、とも。少子高齢化が進むこの国で、セックスレスは大きな問題です。でもきっと、生きることのよろこびや、心の豊かさ、を感じるようになれば、同時に性の素晴らしさも感じるようになって、結婚したい! 子どもを産みたい! と思う人が増えるのかも......。性交回数が低い、というのは、日本人の心が乾いていることのあらわれ、なのかもしれません。最後に、石田さんが考えた素敵なセックスのスローガンをご紹介して終わりにします。「好きな人とたくさん」このスローガン、お気に入りです。
sex]著者:石田衣良価格:580円(税込)出版社:講談社
photo by Thinkstock/Getty Images(マイロハス編集部/篠田)

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    7. お腹を触って、便を見て。自分の腸の状態をチェックする方法

    8. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    9. レンジを使って20分で完成。簡単キムチーズうどんのレシピ

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら