1. Home
  2. STYLE
  3. 歯磨きも掃除も漬物もできる!玄米のとぎ汁乳酸菌の作り方

歯磨きも掃除も漬物もできる!玄米のとぎ汁乳酸菌の作り方

歯磨きも掃除も漬物もできる!玄米のとぎ汁乳酸菌の作り方

photo by Thinkstock/Getty Images

整腸作用の効果があるといわれている「乳酸菌」といえば、思い浮かぶのはヨーグルト。ですが、実は「乳酸菌液」を、玄米のとぎ汁から作ることができるんです! しかも、お漬物やヨーグルトだけでなく、お掃除や歯磨きにも使うことが可能。

玄米で乳酸菌をつくることができるのは、玄米の皮(米の籾)に乳酸菌が含まれているからです。米の籾には、酵母や麹も共生しているので、これらの相乗効果によって雑菌などの侵入を防いでくれます。つまり、玄米のとぎ汁には、これらの乳酸菌や酵母、麹がとけ込んでいる、ということ。

さらに、乳酸菌、酵母、麹などの微生物は、タンパク質や炭水化物などの栄養分を分解する酵素を持っているので、お掃除や歯磨きにも効果的! ほかにも、アミノ酸やビタミンDなどが含まれているので、これら総合的な働きによって、いろいろな活用法が生まれるのです。

そこで、今回は「玄米のとぎ汁乳酸菌」の作り方をご紹介します。 教えてくださったのは、仙台で幼児教育に携わりながら、東日本大震災の被災者となった子どもたちと母親をサポートする活動「母子週末保養プロジェクト ちいさなたびjapan」を主宰されている、ゆんた美樹子さん。マイロハスでもおなじみのカヒミ・カリィさんもこの活動に参加されています。

20130122nyusan_1.jpg

photo by (C)三日月カメラ
◆玄米をつかった乳酸菌液の作り方

<用意するもの(500mlペットボトルに作る場合)>
・無農薬玄米:1~2合
・水500ml
・黒糖など粗糖:大さじ1
・粗塩:小さじ1

<作り方>

1:無農薬玄米の一番とぎ汁を、ペットボトルに入れる
2:米のとぎ汁に対して、1~2%の粗塩を入れる
3:米のとぎ汁に対して、3%分の黒糖を入れ放置

室温によりますが、早くて一週間ほどでシュワシュワしてきます。甘酸っぱい匂いがしたら成功。異臭がしたら失敗。

黒糖を入れるのは、乳酸菌が生きるための栄養補給です。塩は、腐敗を防止し、安定して発酵を促す役目があります。塩と黒糖を入れることで、糠臭さがなくって、甘酸っぱい香りになるのと同時に、飲みやすくなります。保存は室温でOK。時間が経過して発酵が止まっても、とぎ汁を足せばまた発酵が始まります。

乳酸菌液が出来あがったら、使いみちはこんなにたくさん!

◆乳酸菌液のそのほかの使い方

・入浴剤(2リットルくらい入れるのが目安)
・化粧水(原液か、少し水で薄めてスプレーボトルに)
・歯磨き
・うがい
・漬物(キャベツを使えば、ザワークラウトに)
・リンゴジュースと1:1で混ぜれば、美味しいドリンクに
・豆乳ヨーグルト(豆乳9:乳酸菌液1を混ぜて、常温で放置後、5〜6時間たったら完成)

3.11の震災後、生き方や、今までの考え方を見つめ直したひとも多いはず。今回、ゆんたさんにお会いして、いろいろな想いが私の中にも生まれました。今の私にできることは、小さなことだけれど、地球にも、人にもやさしいことを続けていくこと。これって「ロハス(継続可能で健康的なライフスタイル)」そのものだ、と気付きました。「ロハス」という言葉の意味が、やっと理解できたような気がしています。

母子週末保養プロジェクト ちいさなたびjapan

石川裕子
ハワイ島で写真教室・ウェディングや記念写真を撮影するフォト・エージェンシー「三日月カメラ」代表。大手新聞社にて報道カメラマンとして勤務後、ハワイ島へ。ハワイ州マッサージ・セラピスト・ライセンスを取得。猫とウクレレをこよなく愛し、夜な夜なサザンを弾き語っています。三日月カメラ,ブログ,Facebook

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    6. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    7. 意外に知られていない、歯肉炎の家庭療法6つ

    8. ヘルシーなだけじゃない。鶏むね肉を積極的に摂りたい理由って?

    9. 他人の目は気にしない。背負いすぎるクセから解放される「自己対話術」

    10. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 筋肉をつけたいなら「朝大豆」。大豆ファーストで「かくれ高血糖」を防ぐ

    7. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    8. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    9. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    10. 「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

    歯磨きも掃除も漬物もできる!玄米のとぎ汁乳酸菌の作り方

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • あなたの知らない乳酸菌力 (実用単行本)
      • 後藤 利夫|小学館
      • by Amazon.co.jp