1. Home
  2. STYLE
  3. 歯磨きも掃除も漬物もできる!玄米のとぎ汁乳酸菌の作り方

歯磨きも掃除も漬物もできる!玄米のとぎ汁乳酸菌の作り方

4,268

歯磨きも掃除も漬物もできる!玄米のとぎ汁乳酸菌の作り方

photo by Thinkstock/Getty Images

整腸作用の効果があるといわれている「乳酸菌」といえば、思い浮かぶのはヨーグルト。ですが、実は「乳酸菌液」を、玄米のとぎ汁から作ることができるんです! しかも、お漬物やヨーグルトだけでなく、お掃除や歯磨きにも使うことが可能。

玄米で乳酸菌をつくることができるのは、玄米の皮(米の籾)に乳酸菌が含まれているからです。米の籾には、酵母や麹も共生しているので、これらの相乗効果によって雑菌などの侵入を防いでくれます。つまり、玄米のとぎ汁には、これらの乳酸菌や酵母、麹がとけ込んでいる、ということ。

さらに、乳酸菌、酵母、麹などの微生物は、タンパク質や炭水化物などの栄養分を分解する酵素を持っているので、お掃除や歯磨きにも効果的! ほかにも、アミノ酸やビタミンDなどが含まれているので、これら総合的な働きによって、いろいろな活用法が生まれるのです。

そこで、今回は「玄米のとぎ汁乳酸菌」の作り方をご紹介します。 教えてくださったのは、仙台で幼児教育に携わりながら、東日本大震災の被災者となった子どもたちと母親をサポートする活動「母子週末保養プロジェクト ちいさなたびjapan」を主宰されている、ゆんた美樹子さん。マイロハスでもおなじみのカヒミ・カリィさんもこの活動に参加されています。

20130122nyusan_1.jpg

photo by (C)三日月カメラ
◆玄米をつかった乳酸菌液の作り方

<用意するもの(500mlペットボトルに作る場合)>
・無農薬玄米:1~2合
・水500ml
・黒糖など粗糖:大さじ1
・粗塩:小さじ1

<作り方>

1:無農薬玄米の一番とぎ汁を、ペットボトルに入れる
2:米のとぎ汁に対して、1~2%の粗塩を入れる
3:米のとぎ汁に対して、3%分の黒糖を入れ放置

室温によりますが、早くて一週間ほどでシュワシュワしてきます。甘酸っぱい匂いがしたら成功。異臭がしたら失敗。

黒糖を入れるのは、乳酸菌が生きるための栄養補給です。塩は、腐敗を防止し、安定して発酵を促す役目があります。塩と黒糖を入れることで、糠臭さがなくって、甘酸っぱい香りになるのと同時に、飲みやすくなります。保存は室温でOK。時間が経過して発酵が止まっても、とぎ汁を足せばまた発酵が始まります。

乳酸菌液が出来あがったら、使いみちはこんなにたくさん!

◆乳酸菌液のそのほかの使い方

・入浴剤(2リットルくらい入れるのが目安)
・化粧水(原液か、少し水で薄めてスプレーボトルに)
・歯磨き
・うがい
・漬物(キャベツを使えば、ザワークラウトに)
・リンゴジュースと1:1で混ぜれば、美味しいドリンクに
・豆乳ヨーグルト(豆乳9:乳酸菌液1を混ぜて、常温で放置後、5〜6時間たったら完成)

3.11の震災後、生き方や、今までの考え方を見つめ直したひとも多いはず。今回、ゆんたさんにお会いして、いろいろな想いが私の中にも生まれました。今の私にできることは、小さなことだけれど、地球にも、人にもやさしいことを続けていくこと。これって「ロハス(継続可能で健康的なライフスタイル)」そのものだ、と気付きました。「ロハス」という言葉の意味が、やっと理解できたような気がしています。

母子週末保養プロジェクト ちいさなたびjapan

石川裕子
ハワイ島で写真教室・ウェディングや記念写真を撮影するフォト・エージェンシー「三日月カメラ」代表。大手新聞社にて報道カメラマンとして勤務後、ハワイ島へ。ハワイ州マッサージ・セラピスト・ライセンスを取得。猫とウクレレをこよなく愛し、夜な夜なサザンを弾き語っています。三日月カメラ,ブログ,Facebook

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    Buy

      • あなたの知らない乳酸菌力 (実用単行本)
      • 後藤 利夫|小学館
      • by Amazon.co.jp