コミュニケーションといえば双子座や天秤座が挙げられますが
実は牡牛座も、トーク上手だということ、ご存じでしょうか。
うまいというか、とにかく話すことが好きなのです。
声がきれいな人も多いのです。

各星座に、特徴となる身体の部位がわりあてられています。
まず、頭を牡羊座に置いて、
足の指先が魚座の最後にくるように、ぐるっとえびぞりになります。
そうすると、
各星座がなんとなく、からだのあちこちにあてはまります。
これが、チャームポイントになったり、
逆に疾患を得やすい所になったりするわけです。
特に、出生図でたくさん星が集まっていたり、
火星や土星といった星がそのあたりにあったりすると、
そこをケガしたり病気したりしやすくなる、といわれています。

そのように見ると、牡牛座は、口からノドを扱います。
だから、喉元とかあご、口元がうつくしかったり、
声がきれいだったり、という方がおおいのです。
自然、話し好きになります。
口を動かしていることが純粋にたのしいのかもしれません。

牡牛座は、好き嫌いがハッキリしている星座、といわれます。
地の星座は、人間が身体で感じる感覚を認識することに、
とても優れています。
だから、職人や芸術家ができやすいのです。
スポーツをする人も、地の星座が強いひとがおおいようです。
地の星座は、牡牛座と乙女座と山羊座です。
細かい作業や技術的な熟練は、乙女座がすぐれています。
山羊座も感覚は鋭いのですが、
それを現実的に「使って成果をあげる」ことに頭が行きます。
で、牡牛座はどうか。
牡牛座は、感じたことを、楽しむのです。
とにかく楽しいのです。
そして、楽しんでいることを、確信しています。

こう書くと、なんかヘンな感じがするでしょうか。
ヘンだとおもうのは、もしかしたら
牡牛座の方だけかもしれません。
というのも、他の星座は、いろんなハードルが
「自分が楽しんでいて、すごく楽しい!」
っていう思いを邪魔してくるのです。
側にいる人間がどう思っているかだの、
社会的に見てどう思われるかだの、
家族がどうの、時間がどうの、みてくれがどうの、、、
あれこれが気になって、楽しみを十全に楽しむことがどこか、
出来づらい人が多いのです。
牡牛座は、そういうまやかしにはとらわれません。
いい!
となったら、
いい!
のです。確信しています。そこがすばらしいのです。

牡牛座は頑固だとか、安定志向だとかよく言われますが、
たしかにそういうところがあるかもしれません。
でも、それは、
自分が生き物として感じていることをきちんと肯定できるという
素晴らしい才能のおかげなのだと思います。
自分が感じたことを肯定できれば、それ以上の意見はありません。
自分が「今」感じていることが正しいのですから、
浮薄な変化など不要です。

牡牛座には、おいしい食べ物やきれいなものに目がない人が多いのです。
美や快に敏感な星座は他に、天秤座があります。
ですが、牡牛座の「きれいなもの」は、
天秤座のすきなものとはちょっとちがいます。
天秤座は、どちらかというとスタイリッシュ、ハイセンスです。
牡牛座は、愛らしいとか、質感がよいとか、目にあざやかとか、
いい仕事しているとか、そういうきれいさを好むことが多いようです。
だから、全体としてのバランスはあまり考慮されなかったりします。
周りから見たら「ちょっとキッチュ?」という格好をしている人も
たまにいます。
天秤座は、モノの価値を「評価し判定する」のですが、
牡牛座は、直接「感じる」のです。
比較したり対照したり体系化したりには、それほど興味がないのです。
形ある「もの」をそのまま直接楽しむことがとても得意なのです。
書画骨董、お高級な食器やふとん、家具やエクステリア、
牡牛座の心を動かすモノは、銀座の大通りや百貨店にあふれています。
牡牛座はそれらを涎をたらしながらためつすがめつして、
既に買ってあるモノたちとのバランスやコーディネートとかはあまり考えず、
たのしくコレクションしたりします。
もちろんこれは強めな比喩ですが、
それくらい、モノをストレートに楽しめるということなのです
これらは、五感を楽しませているわけです。

この「感覚」の力は、
相対する人間とのコミュニケーションや、
自分自身を吟味するときなども、
同じ様なアプローチにを生み出します。
自分がすなおに感じていること。それが基本なのです。
感じる、というのは、
水の星座のようにどこかイメージの中で感じるのとは違います。
具体的で、あたたかいのです。
そして、自分が感じたことを当然のごとく信じ切っています。
ですから、
進み出すまでには時間がかかることが多い牡牛座ですが、
進んでいるときは迷いはありません。
体の中に最も信頼できる磁石が内蔵されているからです。
水や風の星座のようにちいさな揺れにびりびり反応したりしません。
安定的で信頼性の高い、GPS以上のアナログ磁石。
そんなイメージがあります。

自分が感じていることが基本なので、
他人がどう感じているか、ということには、
若いウチは無頓着なところもあります。
でも、自分がひとたび理解したり感動したりしたことには、
とても忠実です。
年齢を重ねて、体験を重ねて、
人々の中で揉まれるウチに、だんだんと
人の感じていることも自分で感じられるようになります。
これは努力目標ですので、
意識して「ひとのきもちに気がつくようにしたい」とおもっている人と
そうでない人とのあいだには、
ものすごい乖離があります。
牡牛座の持つ素晴らしい特徴群のうちのひとつ
「やさしさ」
が、
それを受け取る人間にとって意味あるものとなるかどうか。
洞察の力は、がんばって育てねばなりません。

人の気持ちがわかりにくい牡牛座は、
人間関係でときどき、痛い思いをすることがあります。
とても気が合うと思った相手が、
実は自分に合わせてくれていただけだった、
ということがたまにあるからです。
たくさんたくさん自分の話をくりだしてしまう所がある牡牛座。
悪気が無く、ストレートで、ほんとう!にイノセントなのですが、
ときどき、他人にほとんど興味が無くなるのは、ちょっと悪い癖かもしれません。
また、「安定していたい」「安心していたい」というきもちがとても強いので、
あまり良くない状況にでも、必死でしがみついてしまうところもあります。
ぱっと居場所を変えたらもっとずっとラクになれるかもしれないのに、
なぜか、
慣れた苦しみの方を選んでしまう面も、あります。
牡牛座にとって、転居や転職はもっとも苦しいことだったりします。
ですが、その「苦しみ」は、
実は自分の心が作り出している「安定幻想」のせいだったりするのかもしれません。

辛くて仕方がないときは、
どうしてもまもりたい、失いたくない、手に入れたい、
とおもうものを、じっと心の中でみつめて、
両手でしっかり握っているところを想像してください。
そして、その両手を、
ぱっ
とはなして見てください。
どうですか。
そのイメージした「なにか」は、どうなったでしょうか。
逃げていったか、なくなってしまったか、かわらずにそこにあるのか。
もしかわらずにそこにあったとしたら、
貴方の苦痛は、貴方が作り出した幻想です。
もし手を離したとたんに貴方から離れていってしまったとしたら、
それは、貴方のモノではありません。
あきらめて、べつのものを探したほうが、いいのかもしれません。
貴方は独占欲の強い人ですが、
目の前のものが自分のモノなのか他人のモノなのかについては、
ほんとうは誰よりもよく感知しているひとです。

モノを長く楽しむためにはどうするかというと、
たいせつにまもるのです。
牡牛座は、何事もたいせつにします。
自分が好きだと感じたものは、
たいせつにたいせつに、とっておきます。
そして、それが傷つくようなことは、できるだけしません。
牡牛座の特徴はもうひとつ、
変えないように、守ること、です。
時間が止まってしまったみたいに、牡牛座の気持ちは信用できます。
普段蟹座とか双子座とかとつきあっているひとは、
牡牛座のあり方が決して信用できないでしょう。
すきだよ、と牡牛座の星が言ったら、
それはケンカ別れしても10年経っても状況がどんなふうでも、
貴方の見た目が変わろうが誰かと結婚しようが子供ができようが二重スパイだろうが、
再会したらしたら昔と同じに
すきだよ。
ほぼ変わりません。
そう言ったなら、そういうふうに生きているんです。