1. Home
  2. EAT
  3. 奇妙で愛くるしい、おせちの名脇役「ちょろぎ」の秘密

奇妙で愛くるしい、おせちの名脇役「ちょろぎ」の秘密

21,941

奇妙で愛くるしい、おせちの名脇役「ちょろぎ」の秘密

photo by Flickr:yoppy's photostream

おせちの名脇役といえば「ちょろぎ(長老喜)」。 黒豆の横にちょこんと添えられた赤い渦巻き状の食材なんですが、知らない人も多いらしいんです(じつは、私も知りませんでした...)

お正月にしか登場しないといっても過言ではない「ちょろぎ」。じつは、「日本チョロギ愛好会」まである、秘かな人気者のよう。

このサイトによると、古くから伝わる薬膳食材だということが判明! お正月に披露したい、ちょろぎにまつわる豆知識をまとめてみました。

不老長寿を願う縁起物
中国では昔からよく食べられる食材で、長寿に効果が期待できるといわれ、漢字では「長老喜」と書きます。字面からも分かるように、縁起がよいとされ、おせち料理の食材になっているようです。
脳を活性化する漢方薬
ボケ防止に良いといわれ、古くから漢方薬として重宝されてきました。また、オリゴ糖が多く含まれているため、腸内の善玉菌を増やす働きまであり、お正月の食べすぎ、飲みすぎにはぴったりだそう。ただ、カラダを冷やすとも言われているので、ほどよくいただくのがおすすめです。
そもそも「ちょろぎ」って何?
シソ科の植物の根っこにある「球根」のこと。渦をまいた形はなんとも奇妙で愛らしい感じ。日本では、岩手県の青ノ木地区の特産品として親しまれています。
どうして黒豆に添えられるの?
「まめに働く」という意味がある「黒豆」と、長寿を願う「ちょろぎ」を合わせて、「まめに働けるように健康を願う」という願いが込められているそう。
どんな味がするの?
白くユリ根のような食感で、生姜のピリリと辛い味がするそうです。市販されているものは、シソ酢に付けられていて赤い色のものが一般的です。

色々調べていたらどうしても気になって、早速「初ちょろぎ」を食してみました。しゃきしゃきとした食感とシソ風味で、駄菓子屋の「すもも漬け」のような味が、ちょっと病みつきになりそうな予感。 今年は、我が家のおせちに登場するのか、しないのか、いまから楽しみです!

[日本チョロギ愛好会]

photo by Flickr:yoppy's photostream

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 【お悩み】セックスレスの話題を、相手にどう切り出したらいいのでしょうか?

    3. 砂糖不使用! たった4つの材料でつくる、甘酒ときな粉のヘルシーアイス

    4. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 材料と調味料を入れて蒸すだけ! 鶏肉と白菜の塩レモン蒸し

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    9. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品