1. Home
  2. STYLE
  3. 自然治癒力を高めるチャンス! 薬に頼らない風邪の治し方

自然治癒力を高めるチャンス! 薬に頼らない風邪の治し方

自然治癒力を高めるチャンス! 薬に頼らない風邪の治し方

121220kaze1.jpg何かと慌ただしい年末。忘年会やパーティ、仕事の忙しさなどから、風邪をひいている人も多いのではないでしょうか? 今回は、米国代替医療協会ホリスティック・ヘルス・コーチである筆者がおすすめの風邪の治し方をご紹介します!
■風邪をひいたらすぐに風邪薬!……と思っているひとは要注意。
「風邪をひく」というのは体の防衛反応。「体内に悪いものがあって、それを出そうとしている状態」と考えられています。鼻水や痰、熱など、風邪をひいたときに出るものは薬で無理に抑えつけずに、どんどん出すことを心がけた方が、早く治ることもあります。風邪薬というのは、ウイルスを殺す薬ではなく、風邪の症状を緩和する薬です。薬を飲むと、体が本来もっている防衛反応を弱めてしまう傾向に。「どうしても休めない! この場を乗り切らなくてはいけない!」というときに、一時的な症状の緩和を目的に飲む程度が望ましいですよ。121221kaze2.jpg
■風邪をひいたらガッツリ食べる! は間違い!?
「栄養をたっぷりとった方がいい」とよくいわれますが、これは「たくさん食べる」という意味ではなく、これは「栄養価が高く、消化のよいものを少量とる」のがベター。「消化」は人間の生命活動で一番エネルギーを使う活動です。消化器官を休ませることで、その分、回復力を高めることができます。なので、肉や乳製品など消化に負担がかかるものをたくさん食べてしまうと、逆効果になってしまうことも。食欲がなければ、無理に食べる必要はありません。果汁などで水分と栄養素を補給して、たっぷり睡眠をとることで、回復を早めましょう。「ホリスティック(Holistic)」の語源は、「全体(Holos)」や「健康(Health)」「癒す(Heal)」。風邪を引いたら風邪薬、頭痛には頭痛薬……と対処療法的に治すのではなく、体を「全体として捉え、その根本原因を探ります。「人はひとりひとり違う(Bio Individuality)」という考え方をベースに、古今東西の理論を組み合わせ、本来持っている自然治癒力を高めていくアプローチです。大切なのは、自分の体の声をちゃんと聞いてあげること。心も体も元気にして、忙しい年末を乗り切りましょう![BIO ART NYCphoto by Thinkstock/Getty Images
text by太田あや(Aya Ota)―――――――――――――――――――――――――――――――――――ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>
    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    9. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?