1. Home
  2. STYLE
  3. クリスマスカード・年賀状がセンスアップ! アメリカ発の郵便切手

クリスマスカード・年賀状がセンスアップ! アメリカ発の郵便切手

クリスマスカード・年賀状がセンスアップ! アメリカ発の郵便切手

121218stamp3.jpgいよいよ2012年も終わりに近づき、年賀状やクリスマスカードの準備をしなくちゃ! な時期。どんなデザインにするかで、その人のセンスもバレてしまうので、なるべく素敵なものを選びたいですよね。(photo by Thinkstock/Getty Images)カード自体のデザインも大事ですが、それに貼られた切手が凝っていると、贈り主の心遣いを感じることができて、さらにうれしくなるもの。カードを贈る習慣が根強いアメリカには「Go Green Stamp」という切手があるのを知っていますか?121218stamp1.jpgこれは、16枚つづりになっていて、1枚1枚に、可愛いイラストと一緒に身近にできるエコのアイデアが描かれている切手なんです。そのカードや手紙を贈るたびに、環境問題改善のヒントを贈れるなんて、とても素敵。私は、いつもこの切手を使っているんですよ。この16個のエコ・アイデアのなかで、今すぐできそうなものをいくつかご紹介しますね。
・Fix Water Leaks(水漏れを直そう、水道栓はしっかり閉めよう)・Recycle More(もっとリサイクルしよう)・Turn off Lights Not in Use(使っていない電気は消そう)
1218stamp2.jpgGo Green Stamp」では、1枚1枚大きなイラストを見ることができますので、ぜひチェックしてみてください! また「Go Green Games Site」というサイトでは、エコに関する簡単なクイズコーナーもあるので、こちらも遊んでみてくださいね。Eメールの利便性のおかげで、手紙を贈ることが少なくなってきていますが、手書きの手紙やカードをもらうのと、やっぱりうれしくなります。人のあたたかさや絆を感じられるものは残して、電気代や電話料金の請求書・領収書などは、積極的にデジタルに切り替えていくことを行っていきたいですよね。ちょっとしたことですが、とても大事な一歩になるはず。日本でも、寄付金付き年賀はがきや、自然との共生をテーマにした切手がありますので、年賀状やカードを送るときに、取り入れてみてはいかがでしょう? 素敵な郵便アイテムで、あたたかい気持ちが世界中に拡がっていくことを願ってます![Go Green Stamp
text by太田あや(Aya Ota)―――――――――――――――――――――――――――――――――――ohta01.jpgBIO ARTS NYC, INC.代表ニューヨーク在住。米国代替医療協会認定ホリスティック・ヘルス・コーチ。コロンビア大ティーチャーズ・カレッジで統合栄養学のサーティフィケートを取得。ニューヨーク大学大学院のメディア・コミュニケーション分野で修士課程修了。メディア・IT業界での豊富な経験と、食・健康に関する専門知識を組み合わせ、教育・情報発信事業やコンサルティング事業を展開。ライター&リサーチャーとして食・健康・環境などを専門に執筆実績も多数。ホリスティック・ヘルス・コーチ資格取得講座>>
    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた