1. Home
  2. STYLE
  3. 「ありがとう」を贈ろう! 相手に合わせて選ぶエシカルなクリスマスギフト

「ありがとう」を贈ろう! 相手に合わせて選ぶエシカルなクリスマスギフト

「ありがとう」を贈ろう! 相手に合わせて選ぶエシカルなクリスマスギフト

121212NEWSgift06.jpg日本ではクリスマスといえば「恋人たちの日」のように認識されていますが、じつは家族で過ごす「感謝」の日。家族をはじめ、1年間お世話になった友人知人にクリスマスカードを送り、1年の感謝の気持ちとよい年を願う気持ちを伝えます。今回は、(私の)感謝を贈りたい人別でおすすめのエシカルなブランドをご紹介します!◆学生時代からの親友にHovey Leeのアクセサリー121212NEWSgift01.jpgHovey Leeの好きなところは、とにかくデザインのバラエティが豊富で値段がお手頃。ごつめのロックなリングから繊細でエレガントなネックレス、淡い色味の甘いピアス、ミニマルなモード系もあり。とにかくデザインの幅が広いので必ず何か見つかること間違いなし。プレゼントにもちょうどいい価格帯(5000〜)です。フェアトレードの基準を守った素材を調達し、高い透明性を心がけています。また、チャリティーにも積極的で、ユニセフほか、がんやエイズの支援を行うNGOなどにも寄付をしています。◆お世話になった先生にReem×HASUNAコラボのスプーンブローチ121212NEWSgift02.jpg世界中を旅して集めたアンティークやヴィンテージ・アイテムをカスタマイズした独特のコレクションを展開するロンドンのデザイナーReem Alasadi。原宿ラフォーレのエントランスでテントのショップで、毎年、期間限定で販売を続けています。今年は特別! エシカルジュエリーブランド・HASUNAとコラボレーションでジュエリーを販売しています。こちらの利益は東北地方太平洋沖地震で被災されたお母さんたちの支援活動を行う国際協力NGO JOICFPに寄付されます。このスプーンアクセサリーは存在感もありながらさりげなくて、スカーフをよく巻いていた恩師に合いそうです。購入はこちら>>お母さんにProud Maryのホームアクセサリー121212NEWSgift03.jpg南米の明るいカラーリングに魅せられたデザイナーが世界各地の職人たちとテキスタイル開発を行っています。とにかく色がきれい! ちょっと色味が甘かったり、ミニマルなデザインに仕上げられているので、明るくヴィヴィッドな色でも全くうるさくなりません。お家にあるとうれしくなるホームデコアイテムのほか、上質なトートバッグも新たに登場。ますます目が離せないブランドの1つです。◆お父さんにartelusaのコルクアイテム121212NEWSgift04.jpg全世界のコルク生産量の半数を占めるのがポルトガル産のもの。Artelusaはそんなコルクを使用して雑貨を展開しています。実はコルクって、コルクガシと呼ばれる樫の木の「皮」の部分なのです。何度も剥いで育てるのですが、最終的には150〜200年ほど生える強い生命力を持った木なのです。ただただ木を使うより、よりエコな木を選びませんか? というのがブランドのメッセージ。コルクというと、ワインのコルクのイメージばかりでしたが、非常に柔らかいのでさまざまな製品に応用できるのだそうです。◆自分へのご褒美にRuff and Cut のBoulderコレクションのゴールドブレスレット121212NEWSgift05.jpg素材は18金のリサイクルゴールドとシエラレオネのフェアマインド(fair mined=フェアトレード採掘)ダイヤ、カナダの八面体ダイヤなどを使用。このブランドにはロックなマインドをそこはかとなく感じるのですが、Boulderコレクションはちょっと不思議なデザインが特徴で、そこがなんともいえずかわいい。しかしIlluminationコレクションのような王道コレクションもあります。「人生はフランチャイズチェーンじゃない! 一人ひとり自分のジュエリーを持ちましょう」というブランドのメッセージもかっこいい。価格帯が100万前後と、今までで最も高価格なのはツッコミなし! 今年1年よくがんばった! ということでねだるもよし、自分プレゼントでもよし。でも、100万円のジュエリーなんて、おねだりしても無理…?? 儚く夢に消えちゃいそうです。それではみなさん、素敵なクリスマスをお過ごしください♪
text by Hitomi ITO―――――――――――――――――――――――――――――――――――ito.jpg1987年広島生まれ。在学中より国際協力関係のNGOやベンチャーでインターンなどを行う。卒業後は編集者として専門書を手がける。2010年からイギリスの媒体を中心に日本・海外のエシカルファッションについて寄稿を始め、2012年、「Ethical Fashion Japan」エディターに。
    specialbunner

    Ranking

    1. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    7. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 運動不足になりがちな冬こそ、コレですっきり! フォームローラー5選

    10. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    6. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?